年収

【USCPAの転職】USCPAの年収2,000万円問題をばっさり!

USCPA(米国公認会計士)の資格を取るにはそれなりに時間はかかります。

USCPAを取得する方はほとんどが社会人の方で、本業の忙しい中で時間を見つけてなんとか勉強時間を確保して必死で勝ち取った合格ですから、それなりに対価が欲しいと考えるのは当然のことですし、そうでなければつり合いが取れないというものです。

私もUSCPAを取得したからにはそれなりの対価はもらいたいと思っています。

USCPAを取得するような方であれば、おそらくきちんと仕事に取り組んでいれば1,000万円は超えるでしょう。

しかし、2,000万円ともなれば話は変わってきますね。

結構難しいと思う方が多いのではないでしょうか。

それもそのはず、USCPAという資格を考えれば自ずと結論は見えてきます。

【結論】現実はUSCPAの資格=2,000万円は無理

USCPA(米国公認会計士)の資格を取ることができれば、急に年収が上がると期待している方もいるかもしれません。

しかし、残念ながらそんなおいしい話はありません

資格というのは資格でしかないので、自分の腕やスキル、経験値を証明する道具にはなり得ません。

つまり、USCPAを取得しただけで、転職して年収が急激に上がることはないということです。

2,000万円ともなればなおさらです。

国の調査では、年収2,000万円を超えている人はわずか0.4%だそうです。

USCPAを取得しただけでこの0.4%に入れるとは考えにくいです。

もしそうならUSCPAを取得した私も2,000万円もらいたいくらいです(笑)。

【理由】「USCPA取得=ビジネスの基礎がある」というだけ。資格だけでは大幅年収アップは望めない。

USCPAは単なる資格です。

USCPAを持っているからと言って、仕事ができるわけでも成果が出せるわけでもありません。

だからUSCPAを取得しただけでは給料は上がらないのです。

じゃあUSCPAを取得しても意味ないのか。

いえ、そうではありません。

USCPAを取得しても給料が上がらないからと言って、USCPAを取得することが無意味というわけではないのです。

USCPAだから分かりにくいかもしれませんが、USCPAは資格なので、いわゆる自動車の運転免許と同じです。

運転免許を持っていなければ、車を運転することはできません。

しかし、運転免許を持っているからと言って、必ずしも運転が上手というわけではないのと同じです。

じゃあ運転免許は何を意味するのか。

運転免許は車を運転する資格を示すのと同時に、運転するスキルを勉強した証明であるのです。

つまり、道路に出て運転するために必要な知識や技術は、”ある程度”身に付けているという証明なのです。

そう、ここでのポイントは”ある程度”でしかないということです。

しかし、普段車を運転する人からすれば、実際に公道に出て運転を行おうと思えば、運転免許を取る時に学習した内容では到底足りないということが分かります。

運転する上ではスピード制限があるということは必ず習いますし、運転免許を持っている人なら当然知っている内容です。

しかし、実際の公道ではどうでしょうか。

あえて言えば、スピード制限で走っていたら逆に危ないことにつながる可能性もあります。

教習所で習ったこととは別なことも結構あるのではないでしょうか。

こればっかりは実際に何度も公道に出て、いろんな経験をしていく中で身に付けていくしかありません。

そうこうしているうちに公道での運転の仕方が身に付くのです。

USCPAも同じことが言えます。

USCPAはあくまで資格でしかないので、USCPAとして必要な知識とスキルは一応勉強して一定水準には達したという証明です。

しかし、だからといって資格取得後にすぐにUSCPAとして仕事ができ、成果が出せるかと言ったらそんなことはないわけです。

だってまだUSCPAとして”公道に出て自分で運転していないから”、です。

こうやって考えれば、まだ自分で運転したこともない人に、資格があるから~、免許を持っているから~というだけで2,000万円を払うことはないのは想像できると思います。

諦めるのはまだ早い!給料を決める立場になって考えれば解が見えてくる。

ネガティブなことばかり書いてしまいましたが、諦めるのはまだ早いです!

確かにUSCPAという資格は運転免許と同じです。

それだけではペーパードライバーで若葉マークの運転しかできないので給料は増えません。

しかし、免許を持っているということはこれからガッツリ運転することができ、運転するたびに経験値が貯まり、スキルが身に付き、どんどん運転が上達するということです。

そうなれば、会社としても強力な戦力として活躍してくれる期待は持てるわけです。

そもそも運転免許がなければ車を運転することも許されないわけですから、免許がなければ活躍のしようがありません。

のびしろゼロということです。

だって、運転免許なしで運転することはできないから。

そういう意味ではUSCPAを持っていることで、今後大きなのびしろを手に入れているということです。

M&Aの世界、企業買収の世界では、「のれん」という考え方が存在します。

買収相手の会社の値段は本当は1億円だとします。

しかし、買う側が1億5,000万円で買ったりすることがあるわけです。

この上乗せした5,000万円は将来儲かるであろうお金をまとめてもらっているような感じです。

これこそ「のびしろ」なのです。

こののびしろの部分を先に払ってくれるか、もしくはのびしろが会社としてちゃんと回収できた時に払ってもらうかのどちらかです。

前者は転職した瞬間にもらえる=即時年収アップするパターン、後者は転職した瞬間はペーパードライバーの扱いなのでそれほど年収は伸びないけど、USCPAとしてきちんと公道に出て経験してスキルを身に付けて成果を出し始めた時に年収を上げてもらえるパターンです。

早く人材が欲しい会社は前者、じっくり見極めたい会社は後者となります。

どちらにしても、最終的には年収が上がりますから安心してください(笑)。

自分が雇用する側だったらどうしますか。

ペーパードライバーにそんな高給を出しますか。

私の考えでは、USCPAだから2,000万円もらえるわけじゃない。

2,000万円を出す価値がある人材がUSCPAを持っているだけ。

USCPAを取得すると、2,000万円を払う価値がある人材に必要な基礎は揃う。

しかし、それはあくまで基礎であるので、基礎だけで2,000万円がもらえるわけではない。

USCPAは2,000万円をもらうことができる潜在能力があるというだけ。

ちなみに、USCPAの年収を計算する上では公式があります(私が勝手に作りました)。

公式には変数がいくつもありますから、ご自分で変数を埋めてみてください。

→公式の変数についてはこちらの記事へ。

まとめ:年収2,000万円は不可能ではない!必要なパーツを揃えよう!

ちょっとネガティブな内容が多くなってしまったかもしれません。

しかし、USCPA=魔法の資格みたいなとらえ方をされる、予備校の広告が目立つのでそんな簡単に年収はアップしないことはお伝えしないといけないと思い、そういった内容になりました。

しかし、諦める必要はありません。

USCPAという運転免許をゲットした人にとっては、これから経験値を貯めてスキルを磨いていくこどで立派なドライバーになれるポテンシャルはあるのです。

そういう意味では、運転免許を持っていない人よりは潜在的に2,000万円をもらえるようになる可能性は各段に高くなっています。

給与計算の公式の中に出てくる「どの国で働くか」ということにおいて言えば、シンガポールとかはやばいです。

公認会計士なら年収6,000万円くらいとか聞いたことあります。

2,000万円でヒーヒー言っている場合じゃないのです。

世の中の公認会計士は想像しているよりももっともらっているんですよ。

日本人の給料が低すぎるんです。

日本国内にいたら全然もらえないですね。

USCPAは英語でビジネスができるという武器がありますから、日本国内だけに留まる必要はありません。

私も転職する時には海外転職しか考えていませんでした。

USCPAなら海外でも全然問題なく働けます。

人生に一度くらいは海外で働いてみてもいいと思います。

きっと自分が知らなかった世界が見えてきますよ。

年収2,000万円のパスポートであるUSCPAの受験を考えたい、もうちょっとUSCPAについて知りたい方は下記からUSCPAについて学べます。

セミナーは無料ですので一度話を聞いてみてもいいかもしれないですね。
USCPAを目指すならアビタス。
USCPA/米国公認会計士 国際資格 アビタス

USCPA取得後に転職したい!海外転職したいという方は下記のリンクから相談してみてください。

マンツーマンで相談したい!
マンツーマンで転職活動を支援するコンサルティングサービス【ゲキサポ】
USCPAの出口を探したい
公認会計士・税理士・経理の転職求人情報なら【ジャスネットキャリア】
コンサル業界に興味あり!
新規会員登録(無料)はこちら【アクシスコンサルティング】

ABOUT ME
ようちゃん
こんにちは! このブログの運営をしているようちゃんです。 新卒から10年ほど上場企業の正社員として経理部で働きました。その間に紆余曲折がありながらもUSCPA(米国公認会計士)のライセンスを取得。 その後、自分の人生設計を見直した結果、上場企業の正社員という安定した地位を捨てて、2015年に突然フィリピンに移住しました。そこで給料が日本にいた時の3分の1近くになって嫁に怒られ、嫁ブロックにあうものの何とか説得に成功し(?)、凌いでいる日々です。 初めての海外生活でてんやわんや。それでも何とか生きていけるようになりました。 USCPAとしてフィリピンのビジネスに関する本を執筆したり、フィリピンにて進出企業や既存企業向けにセミナーやウェビナーを開催させて頂く機会を得ることもできるようになりました。 USCPAを取得するまで私が本を執筆したり人様の前でセミナーをすることなど想像もしていませんでした。 人生は何が起きるか分かりません。ですから皆さんも明るい未来に向かって一緒に頑張りましょう! 海外でチャレンジすることを目指している人を応援します!