治安

フィリピンの治安は意外と?

日本では「フィリピンの治安は悪い」としか報道されていないと思います。

でも実際はどうなのか、気になりますよね。

こう言ってはなんですが、あなたの心がけ次第で治安は良くも悪くもなります。

フィリピンに赴任することになった、フィリピンに留学することになった、フィリピンに旅行することになった、等々いろんな理由でフィリピンを訪問することになった方は一度は不安になることと思います。私もそうでした。そこで実際にフィリピンに住んでいる私が生の情報を発信して少しでも安心してもらえたらと思います。

きっと、それじゃあ一回訪問してみようかな、と思ってもらえたら幸いです。

フィリピンに治安はどうなのか?

この質問、本当によく頂きます。仕事柄フィリピン国外からの出張者をご案内する機会が多いですが、初対面の方には必ずと言っていいほど聞かれる質問です。それほど皆さんフィリピンの治安についてはご心配なのでしょう。

そりゃあそうでうしょね、日本ではごみ山だのスラム街だの麻薬だの悪いニュースしか流れません。あれじゃあフィリピンの治安に対して「安全だ」なんて思う方はいないでしょう。

そこで、実際にフィリピンに移住した私が日常生活の中で経験していることを書いていきます。

フィリピンは全体としては治安は良くないです

結局フィリピンの治安は良くないんかい!という声が聞こえてきそうです・・・。はい、正直に言うと全体としては良くないです。ただ、そこでこのページを閉じないで下さい!「全体として」は確かに良くないですが、比較的治安が悪くないところがあるということです。

地域によって全然違う

これが実態だと思います。やはり人が多く集まるところなどは治安は良くないです。逆に人が少ない、それなりに生活していけている人が多い市や町であればそれほど危険ではありません。そう考えると、田舎は都会に比べて比較的治安はいいと思います。もちろん地方によりますので一概には言えません。

どこの治安が良くないのか?

圧倒的にメトロマニラの治安が良くないです。メトロマニラというのはフィリピンの首都マニラを中心としたいわゆる「首都圏」のことを指します。

フィリピンには紛争地域がありますが、普通に訪問することは恐らくないと思いますので、それはここでは除外します。

マニラの治安は悪いです

首都圏の中でもマニラは一番治安が悪いと思います。

様々な理由があると思いますが、マニラはフィリピンの首都です。そのため、様々な企業が集まっています。そうすると様々な仕事の機会があるわけです。昔はマニラは夢の町などと呼ばれていたそうですが、とにかくマニラに行けば仕事がある、いい給料がもらえる、という噂が広がって片道切符でマニラに乗り込んでくる方が大量にいます。日本のイメージだとちょっと緩い感じがしてしまいますが、フィリピンの場合本当に片道切符です。全財産を投げ打ってマニラに行くお金を作って一文無しでマニラに来るわけです。

ところが、現実はそんなに甘くありません。大卒でさえ、しかも一流の大卒でさえ職に困るのです。そんな中ですから全員に同じ仕事の機会があるはずもありません。田舎に帰ろうにも帰るお金はもうありません。住む家もありません。夜のご飯もありません。

こんな状態になってしまったら、もう人に頼るしかありません。そう、マニラでよく見かける物乞いです。

つくづく思いますが、フィリピン人は優しい方が多いです。日本でならあまりないと思いますが、フィリピン人の方は次から次への物乞いする方へお金や食料を渡しています。

ですから、物乞いでもそこそこ生きていいけるんですね。ですが、当然定職などに付けるはずもなく、また何とか生きられると考えてしまったらこのままでもいいかという発想にもなり、そのような大人を見ている子供が真似をし、どんどん広がっていくわけです。それが何sね代も続いているのがマニラなのです。

物乞いで食べていけるのであればまだマシですが、場合によっては家族を抱えている場合もあります。その場合は自分だけの分を確保すればいいというわけにはいきません。自分の愛する家族を守らなければならない。食べさせていかなければならない。そう思っても仕事がない、お金がない。

こんな時人間は生きるために必死になります。そう、ダメと分かっていても人から盗んだり脅して強制的に取り上げたりするしかなくなるんです。

これがマニラの治安が悪いと言われるゆえんです。

どうですか?日本で犯罪が起こる理由と少し違いませんか?フィリピンでは意味もなく人を殺したりする事件はほとんど聞いたことがありません。道を歩いているときに急にむしゃくしゃして人を襲う、なんていう事件も聞きません。フィリピンで強盗や窃盗が起こるのは自分が、もっと言うと家族が生きていくためにお金が必要だから、どうしてもそうせざるを得ない、というそれなりの理由があるからやるんです。

フィリピン人は自分より家族を大事にする傾向があります。自分ひとりがなんとかなればいいのであれば、誰かにお願いする(物乞いする)か我慢するという人が多いと思います。でもフィリピン人の家族愛はすごいです。日本人にはきちんと理解できない気がします。だから家族が食べられないくらいなら自分が犠牲になってでも何かしらの手段で家族を食べさせる。そういう強い覚悟の上で行っているのです。

もちろん犯罪は許されるものではありません。ただ、日本のように理由もなく犯罪を行う人はほとんどいないということです。フィリピン人は基本的にはみな優しいです。思いやりがあります。でも家族が第一です。家族に危害が及ぶ、危険にさらされるのであれば容赦しません。

少し見方が変わりませんか?

だから今はみんなに仕事の機会、就労の機会を持ってもらうことがなによりも大切だと思っています。それもそれぞれの人がこれなら自分でもできる!という仕事を。仕事は高度な知識が必要なものから五体満足でなくてもできる仕事まで様々にあります。特にフィリピンはまだ機械を使用するよりも人力で行った方が安い場合が多いです。だから仕事の機会が沢山あるはずです。単純な話で言えば、自動ドアにするよりも、手動のドアにしてドアを開閉する人を採用する方がいいと思っています。これでドアの数だけ就労機会が生まれますね。ところが問題は企業がちゃんと採用しないからだと思っています。

みなが仕事の機会を与えられてきちんと仕事をするようになって給料をもらえるようになれば、わざわざ強盗や窃盗をする必要もなくなるので治安は良くなるはずです。

私のようなフィリピンで働かせてもらっている外国人はその雇用機会を作り出す責任があります。

同じ市や町でも場所によって治安が違う

話が完全に脱線してすみません!

治安の話に戻りますが、実はマニラの中でも色々な市や町があります。その市の中でもさらに治安がいいところと悪いところがあります。ですから、赴任、留学、旅行でフィリピンを訪問する機会がある方は、ぜひその前にできるだけ情報収集することをお勧めします。場所はもちろんですが、時間帯やできれば通りの名前まで教えてもらった方がいいでしょう。

犯罪にあわないために私が注意していること

かなり長くなってしまったので、今回の記事は一旦ここで区切りたいと思います。

最後に私が日常生活で気を付けている点をケース別に書いておきます。ぜひ参考にしてください。

徒歩

・バッグは前に(リュックサックなどは前に抱える)

・後ろを警戒(後ろに同じスピードで歩く人がいないか注意)

・携帯や財布はポケットに入れない(ポケットが膨らんでいるとターゲットにされるかも)

・携帯をいじりながら歩かない(言語道断です、盗んでくださいとアピールしているようなものです)

・音楽を聴きながら歩かない(お金持ちと思われます。周りの声が聞こえないのも危険です)

・歩く時はスニーカーで(とにかくダッシュしやすい靴を履いてください。サンダル、ハイヒールはNGです。とっさに走れません。裸足でダッシュできる方はそれでもいいです)

・前方注意(前から怪しい人、若者の集団がいたら警戒を。最悪来た道を戻って別の道を探すか、逃げられる方法を考えておきましょう)

・派手な格好は避ける(地味でボロボロなTシャツ、短パンがベストです。帽子&マスクまで付けたらよりいいでしょう。私は通勤時にスーツを着ているのでいつもヒヤヒヤしながら歩いています)

・できれば複数人で歩く

・子供、青年に注意(大人より子供の方が危険です。大人が指示していることも多いです)

・少しでも怪しいと思ったらダッシュで駆け抜ける(これが一番!さすがに追いかけるまで執着はしません。ターゲットが他に移行します)

タクシー

・流しのタクシーに乗らない(これが一番です。元も子もないですが)

・停車しているタクシーには乗らない(どうしてもタクシーに乗らなければならない時でも止まっているタクシーは止めてください。90%の確率で普通ではありません)

・予め相場感を知っておく(これ結構重要です。初めて行く場所は無理ですが、何度も行ったことがある場所であれば大体の料金は分かると思います)

・乗る前に助手席の窓を開けさせて、目的地までいくらか聞く(メーターを倒してくれるならそれでもいいです。でもメーターを倒すと言ってたのに乗車したら実際には倒さないドライバーもいます。その場合の対処法は2つです。一つは、メーターを倒せとゆっくり英語で2回言う。それでも倒さないなら走っている途中でもドアを開けて降りる。もう一つはいくらならいいのか交渉する。その交渉した金額で納得できるならそれ以外は払わないと念押しして乗り続ける。嫌なら速攻降りる。料金に対する曖昧な態度は許してはなりません。こらが英語が不得意であっても下がってはいけません。最悪日本語で思いっきり押し切りながら紙に書いてもいいでしょう。とにかくここで下がったら最後にいくら払わされるか分かりません。最悪どこか知らないところに連れて行かれてしまうかもしれません。日本人にはつらい行動ですが命が掛かっていますのでここは心を鬼にして踏ん張ってください)

・乗る時は助手席に乗る(1人の時は運転手の横に乗ってください。2人なら1人は助手席、1人は後部座席に乗ってください。助手席に乗る理由は身の安全を確保するためです。助手席はチャイルドロックが掛からないのでいつでも脱出可能、トランクに誰かがいても座席シートがあるので距離を保てる、ダッシュボードの下に銃やナイフがあってもドライバーが取りにくいなど助手席に乗るメリットは色々あります)

・回り道をしているようなら注意する(これはケースバイケースですが、ドライバーが稼ぎたいために遠回りをしているケースと、本当に道を知らないケースがあります。自分がより安全で近い道を知っているなら教えてあげてください。わざと遠回りしているようならもっと近い道を通ってくださいと依頼してください。)

・初期コンタクトが肝心(最初に行先を交渉する時に大丈夫そうか自分の感覚をフル動員して確認してください。ちょっとでも変だなと思ったら乗らないのが正解です。あなたのその感覚は概ね正しいです。タクシーの運転手でもいい人はいっぱいいるので別のタクシーを探しましょう)

・タクシー業界の仕組みを理解しておく(フィリピンのタクシー業界は日本と違い、大変厳しいものです。タクシーの運転手はみな個人経営のようなものなので、本当に苦しいです。いいドライバーにはチップを少し渡すことでいいドライバーを増やしていきましょう。私のいいドライバーの定義は、①メーターを使う、②お釣りを返す、③近道をする、④急いでくれる、⑤行先を聞いたら行けるかどうか応えてくれる&いくらくらいになるかまで教えてくれる、といったところです。こういうドライバーには最後に20~50ペソくらいのチップは渡すようにしています)

・タクシーは使わない(ここまで書いてきましたが、流しのタクシーに乗るのは相当面倒です。疲れます。なので、どうしてもという時以外は使わないことをお勧めします。グラブなどの配車アプリを使いましょう。普通のタクシーよりは高いですけど上記のような面倒は一切ありません。)

ジプニー

外国人は乗らない方がいいです。乗るならフィリピン人の友達などと乗りましょう。スリは多いので気を付けてください。乗客が少ないジプニーも要注意。運転手を含めて全員グルで誘拐される可能性があります。

モール

モール内は安心かと思いきや、ここもまた結構危険です。屋内だからと安心して油断していそうな人を探している人がいると考えていいでしょう。犯罪率も高いです。注意点は外を歩いているときと同じです。モール内における特有の注意点は、エスカレーターで前後を人に挟まれないようにすることです。エスカレーターに乗った際、前後の人がグルで物を取られる事件が多発しています。あと、モールには身なりがきちんとしていないと入ることができませんので、身なりで犯罪者かどうか判断できません。日本語で親しそうに話しかけられても付いていかないようにしましょう。

レストラン

これまた気が緩みがちですが油断大敵です。ここにも犯罪者は常に獲物を狙っています。

・レストランの真ん中には座らない(座るなら壁際、窓際の席に座りましょう。敵の侵入経路は少ない方がいいです。)

・誰かが席にいる状況を作っておく(当たり前ですが日本のように荷物を置いて籍を離れるのは自殺行為です。面倒でも荷物は持って移動しましょう。トイレに行くときも同様です)

・荷物はイスやテーブルにくくりつけておく(万が一荷物を取られそうになってもイスやテーブルにくくりつけてあれば取られません。もしくは取るのに時間が掛かるので犯罪者の意欲を削ぐことができます。)

・席を外した後に戻って来た時は新しく注文する(ケースバイケースですが、バーや飲み屋では一度開けたボトルや飲み残して席を外した場合は席に戻ったらもうそれは口を付けない方がいいでしょう。睡眠薬などが入れられている可能性は否定できません。ですから席を外す際は全部飲み干してから席を立ちましょう。戻ってきたらグラスは新しいものに自分で交換するようにしてください)

まとめ:フィリピンの治安は意外と大丈夫!でも警戒は怠らないで!

色々書いたらまたまた長くなってしまったので、今回はこの辺にしておきます。

フィリピンの治安は決していいとは言えません。しかし、注意すべきところを注意すればリスクは極限まで減らすことができます。

今回の内容は全て私や私の知り合いなどの経験談(実話)ですので、治安の中身や実態について知って頂き、正しく恐れてもらえたらと思います。

折角のフィリピン滞在を悲しいものにしないためにも、ぜひ心がけてもらえたら幸いです。

ABOUT ME
ようちゃん
こんにちは! 本ブログの運営をしているようちゃんです。 学生時代は部活(水泳部)とバイトに明け暮れ、勉強はほったらかし。大学4年生の時に就活しながら1年生と授業を受ける講義もあり、リクルートスーツを身にまとったおっさんは新入生に白い目で見られながらもなんとか卒業にこぎつけた。 英語が好きだったこともあり、将来はなんとなく海外で働いてみたいなあとぼんやり思っていました。 そこで、大手総合商社を中心に、海外駐在できたり、世界を飛び回れる仕事をやらせてもらえそうな会社を選んではひたすら受けまくりました。 運よく海外に拠点を広げ続けている上場企業の商社に入社できました。 入社前の先輩社員との懇談会で台湾やイギリスなどに駐在経験があった社員から海外駐在時の話を聞くことができ、自分も同じようなキャリアを描けるのかもと社会人人生を楽しみにしていました。 しかし、配属先は経理部に。経理なんてなにをする部署なのかもわかっていませんでした。一体いつになったら海外に行けるのか。そんな不安とともに社会人生がスタートしました。 結局新卒から10年ほど上場企業の正社員として経理部で働きました。その間に紆余曲折がありながらもUSCPA(米国公認会計士)のライセンスを取得。 当時の後輩がインドに赴任したことをきっかけにバックオフィス周りの指導やサポートを行っていました。その後輩は営業経験しかないのに、インド法人を丸ごと任されてしまい、営業以外の仕事をどうしたらいいのか困っていました。私は営業はできませんが、経理を中心とした事務系の仕事はある程度アドバイスできました。当時としては大したサポートにはなっていなかったとは思いますが、それでもとても感謝されました。 そこで思いました。 海外に出ている日本人は同じように困っているに違いない。それなら今の会社だけでなく、たくさんの会社をサポートできるかもしれない。 このインドに放り込まれた後輩をサポートしたことがきっかけで、自分の人生設計を見直した結果、上場企業の正社員という安定した地位を捨て、2015年に突然フィリピンに移住し、海外コンサルタントとして働き始めました。給料が日本にいた時の3分の1近くになって嫁に怒られ、嫁ブロックにあいながらも何とか凌いでいます。 私の予想通り、海外に出た日本人の駐在員は困っていました。 そこで海外コンサルタントの出番です。 日本の常識は海外ではなかなか通じません。 とは言っても、日本のやり方でビジネスを進めていく必要がある場面もたくさんあります。 だからこそ海外コンサルタントは必要なのですが、少子化のせいなのか、若者の海外離れのせいなのか、海外コンサルタントは圧倒的に足りません。 あなたのサポートを待っている企業が必ずあるはずです。 本ブログを通じて、少しでも海外コンサルタントに興味を持ってもらい、海外コンサルタントの世界に参加してくれる仲間が増えてくれれば、駐在している国はもちろん、日本も元気を取り戻してくれることと確信しています。 ぜひ仲間になりましょう!