ブロック系

転職時に嫁ブロックに悩んでいる人へ。今よりも将来を考えよう!

転職時の嫁ブロック。知っている人は知っている、知らない人は知らない。そんな言葉の一つが嫁ブロックではないでしょうか。世の中の男性で嫁ブロックに悩んでいる人は多いと思います。そして結果的に奥様に従うケースが多いと思います。しかし!どうしても諦められない夢がある、チャレンジしないで一生を終わりたくない、そんな気持ちがある方はぜひ奥様を説得しましょう。それが家族のためでもあります。

転職時の嫁ブロックとはなにか?

個人的には最近よく聞くようになりました。これは夫が転職しようとおもったところ、転職先から内定をもらった後に奥様に「そんな会社はやめておきなさい」と言われ、残念ながら内定を辞退せざるを得ない現象を指します。

最近私の会社で採用活動をしていて、「この人いいな!」という方に限ってよく起こる現象な気がします。

奥様の優しさです!前向きにとらえましょう。

もうここは奥様の優しさと捉えましょう!あなたに危ない橋(?)を渡ってほしくないのです。今の生活を維持したいのです。それは分からないでもありません。逆に言えば今の生活に満足しているともいえるでしょう。

転職時の嫁ブロックに従うべきなのか

これは難しい問題です。奥様との関係にもよるでしょう。ただ、大事なことがあります。

話は聞きましょう

そう、奥様の話を聞かないことはよくありません。奥様の言っていることは的を得ていることがほとんどです。あなたや今のこと冷静に分析できていることが多いです。ですから、現状を把握するためにもきちんと話は聞きましょう。

女性は保守的。家族の将来を考えてより良い道だという確証があるならとことん説得しよう!

個人的には女性は現状の分析は優れていると思いますので、現状を把握する上では女性の意見はとても大事だと思っています。しかし、将来にもっと家族が幸せになれる可能性がある道があるのならそれに向かって全力で説得するべきだと思うのです。だってそれが家族の将来のためなのですから。

私も嫁ブロックにあったうちの一人です。

以前勤めていた会社はとても良い会社でした。仕事はきつかったですが、残業代はしっかりもらえましたし、給料もよかったです。福利厚生もそこそこよかったと思います。

そんな環境にいながらも、このままでいいのだろうか。このまま定年を迎えて老後を迎える人生でいいいのだろうか。今の役員はどうやらお金持ちそうだが、その席に座るのが自分の夢なのだろうか。

会社はよかっただけに迷いました。でも一回しかない人生です。どうなるか分かりませんが、より高みを目指せるチャンスがあるならそれに挑戦しようと思いました。今の会社にいればそれなりの地位と財産は築けるでしょう。しかし、逆に想像以上の財産は築けないのです。それであれば、地位と財産は約束されていないものの、想像以上に地位と財産を築ける可能性が少しでもあるならば、そこにチャレンジしてみよう、それが自分のためひいては家族のためになるだろうと信じることにしました。

そう思った翌月に丁度定期の上長との人事面談がありましたので、その面談の中で退職の意向を伝えました。

しかし、この時点ではまだ問題がありました。転職先は決めていなかったのです。私の先輩社員からのお達しで、転職なんぞ在籍中にするもんじゃない。きちんと退職をしてから転職活動はしなさい、というお言葉を頂戴していました。その先輩は数年前に私の在籍していた会社を退職し、退職後に転職活動を行い無事転職を果たした方でした。今考えれば微妙でしたが、その方はとても優秀でしたのでそれを為せることができたのだと思いますが、当時の自分はとても真面目(?)でしたので、先輩に教わった通り、会社を辞めてから転職活動を開始することにしました。ですので、退職時には無職になりました。

無事退職が決まってからすぐに転職活動を開始し、するすると転職先が決まりました。職種を絞っていたので2~3社しか受けていませんし、最初の会社で決まってしまいましたので早かったです。面接は3回ありました。

転職先が見つかったのは良かったですが、問題はここからです。なんと若い会社ということもありますが、給料が前職の半分以下になるではありませんか!まあ転職したら給料が下がるのは聞いてましたが、さすがに半分になると結構衝撃です。しかも海外赴任で手当て一切なし。引越代だの家賃補助だの車の支給だの予防接種だのなにもありません。そうすると、貯金はおろか遊びに行くことも相当制限されます。でも将来何十倍にも化ける可能性のある(と信じたい・・・)仕事でもあるのでここは修業期間だと思い、就職を決めました。

さて、ここからが問題です。転職する話は嫁にしていましたが、転職先のことは一切話をしていません。嫁の頭には当然「転職=年収アップ」があったことでしょう。給料でなかったとしても、福利厚生が充実しているとか残業が少ないとかそういう前職から更によくなるという考えはあったと思いますし、それが普通だと思います。

嫁の考え方は分かったいましたので、そのまま話したらどうなるか分かりませんでした。そこで、東京都内の高級(?)焼き肉店に連れ出しました。普段は牛角などリーズナブルな焼き肉屋に行くのですが、その日は気合を入れて会食(?)に臨みました。

若干怪しまれた感はありましたが、まずは美味しい焼肉を食べお腹いっぱいになりました。普段と違う高級なお肉を前に嫁は食べることに目がないですからパクパク食べてとても満足そうでした。確かにさすがに高いだけあって美味しかったです。このまま帰ったらなんて幸せなんだろうとは思いましたが、目的に立ち戻り話を始めました。

「転職先が決まったのだけれど・・・」と話を切り出し、事情を説明していくのですが徐々に嫁の顔がこわばり始め、最終的には完全に怒りモードになっているのが分かりました。焼き肉の効果はどんどんかき消されていきましたが、それでも多少の効果は残っていたと思います。

フィリピンへの赴任が決まっていたわけですが、話を聞き終わるかどうかのところで嫁からひと言「私、行かないから。一人で行って」という冷たい返し。明らかにお怒りモードであることは分かりましたが、年収が大幅に下がり、福利厚生もない、そんな条件でよく転職したなといった怒りを通り越して呆れた様子が見て取れました。

しかし!私の嫁です、そんな反応くらいは予想していました。それに対して、もっと遠い将来のことについて延々と語りました。一言いう度に嫁からは「いや、でも・・・」とか「そんなうまくいくわけないじゃん!」とかとにかく全否定とはこのことかと言わんばかりにとにかく否定しまくられます。否定されることは分かっていましたが、その内容は全て「現状からの変化による恐れ」のようなものだった気がしましたので、それを丁寧に聞き、安心感を与えるように努めていきました。

しかし、嫁も折れません。その焼き肉の日は若干仲たがい状態のまま帰宅しました。その後は焼き肉には行けませんでしたが、時間さえあれば電車の中でもどこでもチャンスを見つけては将来性について説得し続けました。

納戸説得したか、語りつくしたか忘れましたが、最終的に嫁から条件が出されました。「あなたの言いたいことは分かった。でも条件がある。私はフィリピンに行ったら働かない。だからあなたの給料で食べていけなくなったら日本に帰ります」ということでした。

まあ何とも歯がゆいですが、彼女なりのOKと前向きに(?)捉えました。長かった説得もようやく終わりました。

しかし、ここからも修羅場が待ち続けてきます。引っ越しです。引っ越し費用は自腹でしたので、できるだけ節約しようと荷造りはほとんどを自分たちでやることにしました。と言っても私がほとんどやるしかないですけど。何か私が口にすれば「あなたが決めたんだから・・・」と言われて嫌味を言われるだけなので男は黙って作業!ってことでこれも結構大変でした。お気に入りの家具も捨てなければならなかったり、買ったばかりの新車を売却したりと結構大変でした。

そしてようやくフィリピンに引っ越ししても、日本のように便利ではなく生活を整えるだけでも結構大変でした。

話すと長くなるので端折りますが、それから4年間の間苦しい生活を何とか乗り越え、嫁もだいぶ慣れてきてお友達もでき、4年後、ようやく採用条件が変わり貧乏生活から脱却(?)できました。今では嫁は「私は日本に帰らないから」とのことです。

まだまだ自分が転職当時に描いていた生活水準には到底及びませんが少しずつ改善(?)はできていますし、今では嫁も一緒に来てよかったと言ってくれています。

まだ転職当時の話を盛り返すと、「焼き肉に騙された」といじめられますが、それでも転職してよかったと思います。やりたいことができていますし、海外だと日本人同士は仲良くなるんですね。日本にいた時よりも遊ぶ機会(?)は増えた気がします。

現状に満足せず、当初描いていた生活を目指して頑張っていきたいと思う今日この頃です。

まとめ:最後は自分を信じて

いかがでしたでしょうか。私の例はちょっと極端かもしれませんが、自分の進むべき道は自分で決める、家族にとってより良い方を目指す、そういう意識で転職先を見つけたのならばご家族のためにも全力で説得してみるのも一案と思います。でも奥様のお話を全く聞かないのもよくないですから、そこはバランスを考えてかつ家族の将来も考えて頑張ってください!読者様の幸せ、ご家族の幸せを祈っています。

ABOUT ME
ようちゃん
こんにちは! 本ブログの運営をしているようちゃんです。 学生時代は部活(水泳部)とバイトに明け暮れ、勉強はほったらかし。大学4年生の時に就活しながら1年生と授業を受ける講義もあり、リクルートスーツを身にまとったおっさんは新入生に白い目で見られながらもなんとか卒業にこぎつけた。 英語が好きだったこともあり、将来はなんとなく海外で働いてみたいなあとぼんやり思っていました。 そこで、大手総合商社を中心に、海外駐在できたり、世界を飛び回れる仕事をやらせてもらえそうな会社を選んではひたすら受けまくりました。 運よく海外に拠点を広げ続けている上場企業の商社に入社できました。 入社前の先輩社員との懇談会で台湾やイギリスなどに駐在経験があった社員から海外駐在時の話を聞くことができ、自分も同じようなキャリアを描けるのかもと社会人人生を楽しみにしていました。 しかし、配属先は経理部に。経理なんてなにをする部署なのかもわかっていませんでした。一体いつになったら海外に行けるのか。そんな不安とともに社会人生がスタートしました。 結局新卒から10年ほど上場企業の正社員として経理部で働きました。その間に紆余曲折がありながらもUSCPA(米国公認会計士)のライセンスを取得。 当時の後輩がインドに赴任したことをきっかけにバックオフィス周りの指導やサポートを行っていました。その後輩は営業経験しかないのに、インド法人を丸ごと任されてしまい、営業以外の仕事をどうしたらいいのか困っていました。私は営業はできませんが、経理を中心とした事務系の仕事はある程度アドバイスできました。当時としては大したサポートにはなっていなかったとは思いますが、それでもとても感謝されました。 そこで思いました。 海外に出ている日本人は同じように困っているに違いない。それなら今の会社だけでなく、たくさんの会社をサポートできるかもしれない。 このインドに放り込まれた後輩をサポートしたことがきっかけで、自分の人生設計を見直した結果、上場企業の正社員という安定した地位を捨て、2015年に突然フィリピンに移住し、海外コンサルタントとして働き始めました。給料が日本にいた時の3分の1近くになって嫁に怒られ、嫁ブロックにあいながらも何とか凌いでいます。 私の予想通り、海外に出た日本人の駐在員は困っていました。 そこで海外コンサルタントの出番です。 日本の常識は海外ではなかなか通じません。 とは言っても、日本のやり方でビジネスを進めていく必要がある場面もたくさんあります。 だからこそ海外コンサルタントは必要なのですが、少子化のせいなのか、若者の海外離れのせいなのか、海外コンサルタントは圧倒的に足りません。 あなたのサポートを待っている企業が必ずあるはずです。 本ブログを通じて、少しでも海外コンサルタントに興味を持ってもらい、海外コンサルタントの世界に参加してくれる仲間が増えてくれれば、駐在している国はもちろん、日本も元気を取り戻してくれることと確信しています。 ぜひ仲間になりましょう!