日常生活で気になること

フィリピンにあるベトナム料理がおいしい!コロナ禍でもフィリピン観察

今日は本当にライトな話題で・・・。

昨日GCQ下で久しぶりに外出しました。

グロリエッタのベトナム料理が微妙に美味しかったので紹介します。

まあ正直安くないですが、味はフィリピンのマカティ市内であれば個人的には一番おいしいと思います。

特に揚げ春巻きは最高でした(しかも900ペソ以上注文すると無料で付いてくるのでラッキーです。揚げ春巻きは6本か7本くらい入ってました)。

フィリピンでベトナム料理はと意外かもしれませんが、結構日本人の口にも合うと思います。

で、ここで終わろうと思ったんですが、やっぱり言いたい・・・。

これ見てください。

このレストランで出されたスプーンです。

要はコロナ対策ということで、いつものシルバーの食器は出さず、使い捨ての木製の食器なんですね。まあこれは良しとしましょう。

ところが、これ見てください。

そう!スプーンのつもりなんでしょうが、まったくくぼみがないので、ただの板なんです!ベトナム料理はフォーなどの麺料理でかつスープを飲むんですけど・・・。

とまあフィリピンらしいといえばフィリピンらしいですが、店長よ、なぜこのスプーンを購入することに決めたんだ・・・と心の中で何度も叫びました。

それから、もう一つ。

コロナ禍のために入り口付近で個人情報を記入させられます。名前、住所、電話番号などなど。。。要は感染者が出た場合にクラスターを把握したいという趣旨なんでしょう。まあその趣旨は分かります。ところが!私の横に別の人の情報が書いてあるではありませんか!電話番号までバッチリ!

これは日本だったら大問題ですね。個人情報丸わかりです。しかも手書きなので字が読みにくい人もいる。いや、わざと読めないように書いて個人情報保護をしているのかも、とか色々考えてしまいました。こんな読めない字でも後でエクセルに打ち込んで管理するんだろうか。もし感染者が出たら電話してくれるのかな、など余計なことを色々考えてしましました。

そうなんです!

やっている趣旨は分かる。であればもっと徹底してやらないと当初の目的を達成できないのではないか・・・ということなんです!やり抜く精神力!これを求めたいんです。

まあ政府からのお達しなので仕方ない部分はあるかもしれません。でもやるからには趣旨に合うようにやってもらいたいのですが、どうもルールがあっても運用面でつまづき、結局結果が思うように得られない。そしてもっとルールが厳しくなりさらに運用できず・・・っていう感じでどんどん首が締まっていきます。。。

ここにも歴史を感じざるを得ません。

あー、また歴史の話になってしまうのでこの辺にしておきます。

ABOUT ME
ようちゃん
こんにちは! このブログの運営をしているようちゃんです。 新卒から10年ほど上場企業の正社員として経理部で働きました。その間に紆余曲折がありながらもUSCPA(米国公認会計士)のライセンスを取得。 その後、自分の人生設計を見直した結果、上場企業の正社員という安定した地位を捨てて、2015年に突然フィリピンに移住しました。そこで給料が日本にいた時の3分の1近くになって嫁に怒られ、嫁ブロックにあうものの何とか説得に成功し(?)、凌いでいる日々です。 初めての海外生活でてんやわんや。それでも何とか生きていけるようになりました。 USCPAとしてフィリピンのビジネスに関する本を執筆したり、フィリピンにて進出企業や既存企業向けにセミナーやウェビナーを開催させて頂く機会を得ることもできるようになりました。 USCPAを取得するまで私が本を執筆したり人様の前でセミナーをすることなど想像もしていませんでした。 人生は何が起きるか分かりません。ですから皆さんも明るい未来に向かって一緒に頑張りましょう! 海外でチャレンジすることを目指している人を応援します!
下記の記事もオススメです。