金融機関関係者

【金融機関関係者】海外転勤が決まったら速攻で英語で会計財務が語れるスキルを身に付けるべし!

日本企業の海外進出に伴い、金融機関も日本を飛び出して企業支援を行う必要性が増しています。金融業界は各国では規制業種ですから、支店を現地に開設できれば御の字で、多くの場合は地場銀行への資本参画で進出することになり、現地の社員と一緒に働くことになります。海外転勤が決まったらすぐに準備に取り掛かってください。

海外では数字が共通言語になっている現実

海外ではどの国に行っても、ほとんどの場合はビジネスでは英語を使います。金融機関であればお金の勘定がメインの仕事ですから数字で会話をすることも多くあります。日本の場合よりも数字が意識されて仕事が回っている印象です。ですから数字がある意味で共通言語なっているようなものです。

海外転勤の不安。それは英語で数字が語れないから

最近のサラリーマンは海外で働くことを嫌がる傾向にあるようです。私はフィリピンで日系企業の経営支援を行っていますが、日系企業における多くの経営者は駐在が長期に及ぶ傾向があります。駐在開始時は当初の任期は3年~5年の企業が多いように思いますが、後任が見つからない、やっと後任が見つけられたと思ったら家族の反対で駐在ができなくなったなど多くの企業が人事の問題を抱えています。結局のところ皆さん海外転勤が不安なのです。しかし、不安になるのは当然でしょう。なぜなら一度も海外で働いたことがないからです。それにほとんどの駐在員は残念ながらあまり英語が得意ではありません。

さらに金融機関からの出向者は数字で語れなければなりません。つまり英語力に加えて数字で会話することも必要になりますからさらにハードルが上がります。行ったこともない場所で知らない国籍の人たちと英語で仕事をしなければならないという苦痛でしかない生活が待っていると思うと、不安になるのも納得できます。

海外転勤者には時間がない。英語で財務会計を勉強してショートカットする

不安に思っているだけでは何の解決にもなりませんので前向きな話をしましょう。そんな不安たっぷりな中であっても海外転勤している金融機関の関係者は大勢います。いつあなたに白羽の矢が立つかは誰にも分かりません。その時は突然訪れるものです。その時に備えて今から準備しておいた方がいいでしょう。とにかく英語で数字を語れるようになることです。

英語は義務教育時代の英語力はもちろんのこと、それに加えて海外で仕事をするためには発信力がなによりも重要になります。英会話の授業の時のようにはいきません。誰も助けてくれません。ですから英語で自分の言いたいこと、伝えたいことを伝えられるようになり、相手を動かせる言語能力が必要です。これはなにもネイティブのようなきれいな英語を話せるようにならないといけないということではありません。英語で物事を前に進められる能力です。英語力に不安な方はアウトプット力に焦点を当てて集中的に勉強するようにしてください。

25分142円~のマンツーマン英会話なら「レアジョブ英会話」

女性限定
女性限定・初心者専門の英会話スクール

海外赴任予定者が短期間で英語力を劇的に伸ばす方法【学習目標を明確に!学習内容を絞り込む!】

財務会計は帳簿を作る能力よりも、それを活用する力を身に付けてください。できれば英語で学習した方が効率がいいです。海外では「貸借対照表」と言ったところで通じません。”英語で”学習するようにしてください。

資格を利用して短時間で網羅的に学習する

英語で財務会計を勉強するには資格の勉強を通して体系的かつ網羅的に学習することが近道です。以下のリンクから資料を取り寄せて学習を開始してください。

無料資料請求する

英語と財務会計は海外で仕事をする場合の共通言語です。身に付けておいて損することはありませんのですぐに学習に取り掛かりましょう。これからの日系企業を支えるのは金融機関に勤めているあなたです。ぜひ強力なサポートをお願いしたいと思います。
応援しています!

ABOUT ME
ようちゃん
こんにちは! 本ブログの運営をしているようちゃんです。 学生時代は部活(水泳部)とバイトに明け暮れ、勉強はほったらかし。大学4年生の時に就活しながら1年生と授業を受ける講義もあり、リクルートスーツを身にまとったおっさんは新入生に白い目で見られながらもなんとか卒業にこぎつけた。 英語が好きだったこともあり、将来はなんとなく海外で働いてみたいなあとぼんやり思っていました。 そこで、大手総合商社を中心に、海外駐在できたり、世界を飛び回れる仕事をやらせてもらえそうな会社を選んではひたすら受けまくりました。 運よく海外に拠点を広げ続けている上場企業の商社に入社できました。 入社前の先輩社員との懇談会で台湾やイギリスなどに駐在経験があった社員から海外駐在時の話を聞くことができ、自分も同じようなキャリアを描けるのかもと社会人人生を楽しみにしていました。 しかし、配属先は経理部に。経理なんてなにをする部署なのかもわかっていませんでした。一体いつになったら海外に行けるのか。そんな不安とともに社会人生がスタートしました。 結局新卒から10年ほど上場企業の正社員として経理部で働きました。その間に紆余曲折がありながらもUSCPA(米国公認会計士)のライセンスを取得。 当時の後輩がインドに赴任したことをきっかけにバックオフィス周りの指導やサポートを行っていました。その後輩は営業経験しかないのに、インド法人を丸ごと任されてしまい、営業以外の仕事をどうしたらいいのか困っていました。私は営業はできませんが、経理を中心とした事務系の仕事はある程度アドバイスできました。当時としては大したサポートにはなっていなかったとは思いますが、それでもとても感謝されました。 そこで思いました。 海外に出ている日本人は同じように困っているに違いない。それなら今の会社だけでなく、たくさんの会社をサポートできるかもしれない。 このインドに放り込まれた後輩をサポートしたことがきっかけで、自分の人生設計を見直した結果、上場企業の正社員という安定した地位を捨て、2015年に突然フィリピンに移住し、海外コンサルタントとして働き始めました。給料が日本にいた時の3分の1近くになって嫁に怒られ、嫁ブロックにあいながらも何とか凌いでいます。 私の予想通り、海外に出た日本人の駐在員は困っていました。 そこで海外コンサルタントの出番です。 日本の常識は海外ではなかなか通じません。 とは言っても、日本のやり方でビジネスを進めていく必要がある場面もたくさんあります。 だからこそ海外コンサルタントは必要なのですが、少子化のせいなのか、若者の海外離れのせいなのか、海外コンサルタントは圧倒的に足りません。 あなたのサポートを待っている企業が必ずあるはずです。 本ブログを通じて、少しでも海外コンサルタントに興味を持ってもらい、海外コンサルタントの世界に参加してくれる仲間が増えてくれれば、駐在している国はもちろん、日本も元気を取り戻してくれることと確信しています。 ぜひ仲間になりましょう!