金融機関関係者

【金融機関関係者】グローバル化の中では専門性を磨いて備えておかないと生き残る道はない

最近はグローバル化の中でいかに生き残っていくかを真剣に考えるようになったサラリーマンが多くなった気がします。日本の会社にしがみついていても、急に自分の会社が外資に買収され、翌日から上司が外国人になったという例はよく聞きます。そんな時代で生き残っていくためには専門性を磨いて備えておくしかありません。

あるできごとをきっかけに世界が一気に激変する時代

2020年年初に突然起きたパンデミック。こんなにもグローバル化し、ヒト・モノ・カネが自由に世界をかけめぐる、しかも高速で移動する時代においては初めてのことでしょう。国境を縦横無尽に渡っていた航空機が飛ばなくなり、国内の公共交通機関も国によっては全面ストップ。少し動き出したと思ったら乗車率を制限するなどこんなにも一気に不便になったことは最近の歴史ではなかったことです。とにかく各国が必死で自国防衛に走り、国境が突然閉ざされ、人々の移動が制限されたことはその国の経済はおろか、世界に大ダメージを与えたことは言うまでもありません。

仕事が一瞬にしてなくなる恐怖・不安を抱えて生きる

ヒト・モノ・カネが動くところには必ずビジネスがあります。それらを動かすための労力が必要だからです。ですから、これらの移動ができなくなるということはそれだけで何万人もの働いている人たちの仕事を奪うことになります。

私はフィリピンにおりますが、このことは目の前で強烈に感じていることであります。

ついさっきまで動いていたジプニーと呼ばれる市民の足となっていた乗り合いバスは全面運休命令。これにより、運転手はもちろんのこと、車体を貸していたオーナーや運行の手伝いをしていた方々までいきなり仕事を奪われたのです。

このような仕事に従事している人は、正社員では働く機会を得られず、誰かの手伝いをして数十円ずつお駄賃をもらって、そのお駄賃で生計を立てている人たちなので、貯金はありません。あくまでその日、もしくは次のご飯を買うために必死に働いているので、ひとたびジプニーが運休してしまうと、たちまち次のご飯を買えなくなってしまうのです。しかも国からの補助はほぼゼロ。このようにして仕事を失い、食べるものにも困り、路頭に迷う人があとをたちません。

仕事が一瞬にしてなくなる恐怖を目の前で感じています。

グローバルに通用する専門性を磨くことで地殻変動に備える

今回のパンデミックを誰が予想できたことでしょうか。リーマンショックもそうですが、このような世界を揺るがすイベントというのは誰も予想することができないのです。それでもある一定の割合で起こるのです。そして起こってからではもう遅いです。ジプニーの運行の手伝いをしていた人がパンデミックが起きたからといって、翌日からITエンジニアになってオフィスでバリバリ働く、在宅勤務でZOOMを使って仕事を受注する、といったことはできないのです。

ですから、そういった大イベントが起こるという想定のもと、日々準備しておくことが大切なのです。

そこで折角こちらの記事にたどりついて頂けた皆さんには、ぜひグローバルに通用する専門性(必須スキル)を磨くことで、低い割合ではありますが確実にいつか起こるというイベントに備えておいて頂きたいのです。

ローマは一日にして成らず。

よく聞かれる言葉ですがまさにその通りです。パンデミックが起きてから準備するのではもう手遅れです。いつ起こるかは分かりませんし、予想する意味もありませんが、いつか必ずまた同じようなイベントが発生します。その時に備えて現状考えられる必須スキルを身に付けておいてください。

英語+会計+税務+ITがあなたを救う

グローバルに通用する必須スキルとはなにか。それはズバリ、英語+会計+税務+ITです。それぞれは説明するまでもないかもしれませんが、ここでの重要な観点だけ申し上げておきます。

英語

こちらはTOEICの点数とか○○資格とかそういった英語力というよりは、英語で相手の話を聞き、理解し、それに対して自分の意見を相手にぶつけて議論し、お互いの一致点を見出せる能力のことを指します。小手先の英語スキルではありません。発音がいいことでもありませんし、ネイティブのようにペラペラ話す能力でもありません。日本人は見える部分に重きを置く傾向がありますが、それでは世界では通用しません。そもそも英語は外国語なのですからそんなうまくなるわけがありません。そんなことは誰にとっても同じです。だからネイティブであればあるほど英語が下手ということは全然気にしていません。それよりも大事なのは中身なんです。それに加えて相手にちゃんと向き合おうとしているかという心の問題です。これは言語能力そのものよりもビジネスの世界では大事なことです。

それでも英語力に不安な場合は今すぐ英語力の底上げを図ってください。以下のリンクを参考にしてください。

25分142円~のマンツーマン英会話なら「レアジョブ英会話」

女性限定・初心者専門の英会話スクール

【アジアへの転勤予定者必見】難しい英語は不要です。話そうとする勇気が大切。

【アジアへの海外転勤者の方へ】発音が苦手ならポイントだけおさえて自信を持って話そう

会計

ビジネスの世界は数字が命です。全て数字に置き換えて考えるのがビジネスです。ですからしばしば数字で会話せよ、とか共通言語は数字だなどと言われます。まさにその通りで、大きいとか安いとかいってもその捉え方は人それぞれです。しかし数字は全員に共通です。だから誤解が生まれません。言葉を超えた共通性が存在するのが数字ですので、数字で会話するというのもうなずけます。数字といっても一定のルールがありますので、その数字の表現方法のルールを抑えておくことが必要で、それが会計なのです。会計というとすぐに簿記とか仕訳とか難しい話を思い浮かべることが多いですが、それよりもビジネスの大局観をつかむために会計を勉強しておく必要があるということです。ですから、経理部の方が行っている日々の仕事とは別の話ということです。

税務

税務は非常にローカルなルールです。国ごとの特色を表しています。国というのはお金がないと立ち行かなくなりますから、いかにお金を”納得感のある形で”徴収するかが課題で、その時々の国の財政状態を反映する興味深い分野です。税金はいくらかかるのか、その徴収方法(納税方法)、どの取引に対して税金がかかるのかという課税対象、税金を安くする方法などビジネス上避けては通れない重要な論点になるのが税務なのです。しかも国ごとに違いますので、それぞれの国の税務を理解することが重要で、国ごとに比較することでより有利な投資対象国を見つけることにもなるかもしれません。税金を不正に抑えることは違法ですので論外ですが、決められたルールを駆使して納税者の権利の範疇で税金を低くすることは検討に値することですから、必要なビジネスコストを算出する上でも税務の知識は必須です。

IT

これはプログラムを書けるようになれ、とか難しいコンピューター言語を覚えろという話ではありません。ブラインドタッチでパソコンの入力ができるといった話とも違います。それよりもITがビジネスでどう使われているのか、どう使われるのがいいのかを知っておくということです。ITは仕事を楽にするためのツールです。人間ができないような大量の仕事を短時間にミスなくすることができるのがITの力です。しかしITはまだ自分で考えることができません。どう使うかは人間が決めてあげないといけないのです。その能力がITスキルです。

これらの能力というのは、どの分野でも、どの産業でも、どの国においても働く上ではベースとなるまさにOSのようなスキルなのです。OSですからその上にのせるアプリはOSを築いたあとに自分の好みに合わせて乗せていけばいいわけです。途中で変えてもいいし、複数乗せてもいいわけです。しかしこれらスキルもOSなくしては動きません。ですからこの記事を読んで頂いている皆さんにはまずはOSを着実に築いてほしいと思います。

応援しています!

以下にリンクを貼っておきますので、こちらから学習を開始してください。

無料資料請求する

OSが築けたら以下のリンクから自分の市場価値を測定してください。
マンツーマンで相談したい!
マンツーマンで転職活動を支援するコンサルティングサービス【ゲキサポ】
USCPAの出口を探したい
公認会計士・税理士・経理の転職求人情報なら【ジャスネットキャリア】
コンサル業界に興味あり!
新規会員登録(無料)はこちら【アクシスコンサルティング】

ABOUT ME
ようちゃん
こんにちは! このブログの運営をしているようちゃんです。 新卒から10年ほど上場企業の正社員として経理部で働きました。その間に紆余曲折がありながらもUSCPA(米国公認会計士)のライセンスを取得。 その後、自分の人生設計を見直した結果、上場企業の正社員という安定した地位を捨てて、2015年に突然フィリピンに移住しました。そこで給料が日本にいた時の3分の1近くになって嫁に怒られ、嫁ブロックにあうものの何とか説得に成功し(?)、凌いでいる日々です。 初めての海外生活でてんやわんや。それでも何とか生きていけるようになりました。 USCPAとしてフィリピンのビジネスに関する本を執筆したり、フィリピンにて進出企業や既存企業向けにセミナーやウェビナーを開催させて頂く機会を得ることもできるようになりました。 USCPAを取得するまで私が本を執筆したり人様の前でセミナーをすることなど想像もしていませんでした。 人生は何が起きるか分かりません。ですから皆さんも明るい未来に向かって一緒に頑張りましょう! 海外でチャレンジすることを目指している人を応援します!