仕事

フィリピンに会計のプロが少ないのはなぜ?

私はフィリピンで会計税務のコンサルタントとして仕事をしています。意外と思われるかもしれませんが、フィリピンには会計のプロが少ないように感じます。日系企業だけでも1,500社近く進出しているのに、です。そういう意味では、USCPAを取得した方にはチャンスがあるとも言えます。

私はUSCPAを取得した後、フィリピンに移住し、その後は会計税務のコンサルタントとしてコンサルティング会社で働いています。

その中でいつも思うことは、会計のプロが少ない、ということです。

ご存知の通り、会計という仕事は企業がある限り必ず発生する仕事です。どんな会社も経理部がない会社などありません。なぜなら会社は売上や利益を上げなければならないため、それらを会社として管理しなければならないからです。

しかも売上や利益を管理するとは言っても、適当に管理すればいいわけではありません。一定のルールに従って会社の数字を管理しなければなりません。

フィリピンでいえば、PFRSというフィリピンの会計基準があります。USCPAを勉強したことがある方であれば、IFRSを少しかじっていると思いますが、まさにあのIFRSのIをPに買えただけのような会計基準です。USCPAを勉強した方であればUS GAAPですね。

フィリピンではほぼどの会社もこのフィリピンの会計基準に則って財務諸表と言われる会社の成績表を作成しなければならず、しかも毎年監査法人による会計監査を受けなければなりません。さらに、その会計監査を受けて公認会計士からお墨付きを受けた財務諸表をSEC(証券取引委員会)という登記を管轄している役所に提出しなければならないのです。しかもこれらの財務諸表は一般に公開されますので、誰でも見ることができます。

こんなに大事な会計の仕事なわけですが、なぜか会計に携わる人が少ないのです。

まあ私の狭い経験の中での話だからかもしれませんが、日系企業の場合、多くの会社は製造拠点としての機能をフィリピンの会社に求めていることが挙げられます。つまり、日本の親会社が設計した製品をフィリピンの工場で作るということです。だから、フィリピンの工場は親会社から言われたものを作る、という仕事に終始するため、会計なんぞの話が分かる人よりも、いかに言われた製品を指示された納期までに作り切れるか、という「生産のプロ」が重視される傾向にあり、それ以外の機能はあまり重視されていない気がします。

普通の事業活動では、

「営業(マーケティング)」

「研究開発」

「製造(購買、倉庫管理、品質管理を含む)」

「管理業務(経理、人事、総務など会社を支える業務)」

があるわけですが、このうち、「営業」「研究開発」「管理業務」は日本の親会社や他のアセアン地域で(例えばシンガポールなどで行っているケースが多いです)行っているので、わざわざフィリピンで行う必要がないのです。

こうなれば、適材適所ということで、フィリピンには「製造」としての機能に重点を置き、それ以外の機能は他のところ(拠点や地域)で行う、ということになります。

そうなれば、わざわざ「製造」にフォーカスするために作ったフィリピン拠点に、「管理業務」を行うような従業員(会計のプロなど)を配置する必要がないのです。

製造業に携わっている方であればお分かりだと思いますが、「製造」の業務は0.01円単位でのコストダウンを日々研究する業務であり、製造スピードを1秒でも速くするために、道具の置き場を変えてみたり、作業員の立ち位置を変えてみたり、まさに血のにじむような努力を日々行っていらっしゃいます。製造業に携わっている方には本当に頭が下がる思いです。

そんな会社が多いフィリピンにおいては、ある意味、”会計なんぞ”のバックオフィスの仕事を行う社員の人件費なんて負担したくないわけです。そりゃそうですよね、0.01円単位で頑張って切り詰めようとしてるのに製造のプロからしたらよくわからん難しい会計の話でまくし立ててくる高給取り(本当は高級じゃないにしても)はムカつくだけです。

しかも親会社からしても、フィリピンの工場はとにかく言われた製品を言われた品質で言われた納期で製造して納品してくれればそれでよし!としているのですから余計にそうです。

ところが、です。

製造を中心にしている会社であっても、会計という仕事はなくならないのです!会社である以上これはどうしても行わなければならないことです。

そうすると、会社としてはどうするか。

当然コスト(人件費)は抑えたい訳です。そうなればコストが安い人を採用しますね。つまり、あまり経験値がなく、若い人です。でもこれだと会社としての要求水準は満たせないことが多いです。ならどうするか?そう、外部の専門家の知恵や経験を「借りる」のです。

少しの間「借りる」だけであれば、正社員として常時雇用するよりは安く済みます。でもって経験値の少ない社員の力量を補ってくれるわけです。これは使わない手はありませんね。

こんな感じで、私のUSCPAとして会計税務のコンサルタントの仕事は日々忙しいのです。

つまり、私の仕事は、会社の業務を補うことです。また、会社の従業員のサポートを行い、一流の会計のプロを採用しているのと同等の価値を生み出すことです。

これに拍車をかけて会計のプロが少ない理由は、「フィリピンのイメージ」だと思います。

皆さん「フィリピン」と聞いたらどんなイメージですか。

恐らく多くの方は、危ない、ごみ山、銃が出回っている、ドラッグ、などなど悪いイメージが先行しているのではないでしょうか。

これのお陰でUSCPAとしても日本の公認会計士にしても、フィリピンで働くことは人気がありません。皆さん海外と言っても、ロンドン、ニューヨーク、アジアであっても、香港、シンガポールなど。。。フィリピンで働いてみたいと思う資格保有者は皆無です。

私はフィリピンで会計税務のコンサルタント会社を運営しているわけですが、日本人の有資格者はほぼ採用できません。フィリピン国内に日本人の有資格者(USCPAでも日本の公認会計士でも)はもういませんし、日本で募集していてもフィリピンで働きまっす!なんていう有資格者はいません。これは私の友人であるフィリピンで一緒に働いている有資格者も口を揃えて言います、人材がいないと・・・。

そう!まさに需要はあるのに供給が足りていないのです!

ですから、USCPAに合格して海外でUSCPAとして経験を積んでみようかなと思う方!ぜひ一度検討してみてください。人生変わるかもしれません。でも甘くはないのでその点はご承知おきください。これは会計に限らずどんな分野の仕事でも同じですけどね。

ちなみに、私のゴルフ仲間には、もう通算10年以上フィリピンに勤務しているツワモノもおります。これは本人の意思ではなく、「後任がみつからないから」だそうです。一度後任が見つかってようやく日本へ帰国できたのもつかの間、後任が辞めてしまい二タブフィリピンへ赴任することになってしまったとか・・・。既に還暦を超えてしまい、いつまで続くんだと嘆いておりました。まさに「替えが効かない」状態です。

そんなフィリピンベテランの先輩からぽろっと漏れた一言が忘れられません。

「海外生活は悪くない。でも親の死に目に会えなかったことが何よりも悔しい」と話してくれました。なるほど、「海外」で「替えが効かない仕事」をしているということはそういうデメリットもあるのかと気が付かされました。

社長をされている皆さん、常に後任を育てる意識を持ちましょう!

はい、私も肝に銘じていきます・・・。

ABOUT ME
ようちゃん
こんにちは! このブログの運営をしているようちゃんです。 新卒から10年ほど上場企業の正社員として経理部で働きました。その間に紆余曲折がありながらもUSCPA(米国公認会計士)のライセンスを取得。 その後、自分の人生設計を見直した結果、上場企業の正社員という安定した地位を捨てて、2015年に突然フィリピンに移住しました。そこで給料が日本にいた時の3分の1近くになって嫁に怒られ、嫁ブロックにあうものの何とか説得に成功し(?)、凌いでいる日々です。 初めての海外生活でてんやわんや。それでも何とか生きていけるようになりました。 USCPAとしてフィリピンのビジネスに関する本を執筆したり、フィリピンにて進出企業や既存企業向けにセミナーやウェビナーを開催させて頂く機会を得ることもできるようになりました。 USCPAを取得するまで私が本を執筆したり人様の前でセミナーをすることなど想像もしていませんでした。 人生は何が起きるか分かりません。ですから皆さんも明るい未来に向かって一緒に頑張りましょう! 海外でチャレンジすることを目指している人を応援します!