英会話スクール選び

【アウトプットがカギ!】英会話スクールを選ぶ3つのポイント

世の中には英会話スクールがあふれています。

どれを選択したらいいか迷ってしまう。

だからこそ自分なりの軸が必要です。

つまり、英会話スクールに通う目的をきちんと決めてから始めるということです。

英会話スクールを選ぶポイントは3つ(要約)

私が考える英会話スクールを選ぶ際のポイントは3つです。

ポイント1:英会話スクールに通う目的を明確にすべし!
ポイント2:英会話スクールの特徴を把握すべし!
ポイント3:英会話スクールはアウトプット可能な量と質で選ぶべし!

順番に解説していきます。

【ポイント1】英会話スクールに通う目的を明確にすべし!

英会話スクールに通うのであればその目的を明確にしてください。

英会話スクールに何を期待していますか。

そんなことを聞くと多くの人は、「英会話スクールに通うのは、英語が話せるようになりたいからに決まっているだろう」と思うでしょう。

しかし、この「英語が話せるようになりたい」というのはもっと詳細に突き詰めて考えるべきです。

英語が話せるようになりたいという方の中には、下記のような方がいらっしゃることでしょう。

半年後に海外旅行に行くので、旅行を楽しめる程度の英会話を身に付けておきたい。

来年英語の留学に行くので、基礎的な英会話を勉強したい。

大学は海外の大学に行きたい。MBAを取りに行くので高度な英会話力が必要。

目指している資格試験に英会話があるので、試験合格を目指して練習したい。

自分の会社が急に外資の会社に買収されて、英語ができないと仕事にならなくなってしまった。上司も急に外国人になってしまった。

3ヶ月後に人事異動で海外転勤になった。仕事ができる程度に英会話を身に付けたい。

少し時間ができたので、英会話でも始めてみたい。

英会話スクールを通して友達を増やしたい。同じ趣味の人に出会いたい。

上述はほんの一例ですが、皆さん「英会話スクールに通って英語が話せるようになりたい」というのは同じですが、逼迫度というか緊急度が目的によって大きく違ってくると思います。

ですから、まずは自分の中で「なぜ英会話スクールに通うのか」をきちんと決めておきましょう。

【ポイント2】英会話スクールの特徴を把握すべし!

英会話スクールに通う自分なりの目的が定まったら、その目的を達成できそうな英会話スクールを探しましょう。

英会話スクールはたくさんありますが、その特徴は大きく異なっています。

海外旅行を楽しみたいために英会話スクールに通う人と、海外転勤が差し迫っているビジネスで英会話を身に付けなければならない人とでは、その緊急度が全然違います。

当然ながらそれぞれの目的に合わせた英会話スクールも変わってくるのです。

海外旅行を楽しみたいだけなのに、スパルタな英会話スクールでは辛いでしょうし、逆に早くちゃんと英会話を身に付けなければならないのに、ダラダラ日常会話の延長線上のラフな英会話ばかり繰り返すような英会話スクールでは物足りないでしょう。

このように目的に合わせた英会話スクールを選ばないと、折角の投資が無題になってしまうのです。

【ポイント3】英会話スクールはアウトプット可能な量と質で選ぶべし!

自分の目的に合った英会話スクールを選択してもらう必要性についてはお分かり頂けたと思います。

自分に合った英会話スクールを選んでもらうことを前提に、英会話スクールを選ぶ際に大事なことは、「アウトプットできる量と質にこだわること」です。

英会話スクールを利用する最大のメリットは、「自分で英語を発信する場を与えられる」ということだからです。

普段の日常生活の中で、自ら英語を発する機会というのは、日本にいる限りはほとんどないでしょう。

その英語を発する機会を強制的に与えられる場が英会話スクールなのです。

つまり、英語を発する時間と場所をお金を出して買っていると言えます。

ですから、英会話スクールにお金を出して得られる対価というのは、このアウトプットできる時間(場所)とアウトプットできる量なのです。

これらの時間と量が多ければ多いほど、投資効果が高いと言えます。

逆に言えば、アウトプットできる時間と量が少ない英会話スクールは、投資効果が低いということです。

英会話スクールなのに、先生が一方的に話して生徒側(受講生側)はほとんど話す機会がなかったり、話す機会はあるのに教科書やテキストを読むだけだったり、単純に先生の言ったことを繰り返すだけだったりするような場合は、アウトプットができているとは言えません。

もちろんその授業自体を否定するものではなく、それらに意味がないとは言いません。

ただ、英会話スクールというアウトプットできる時間、場所、量に投資をしている身としてはそこから得られる効果は期待値に比べて低いということです。

そのような学習なら別のスクールの方がいいかもしれませんし、なんなら自分で家でやってもいいでしょう。わざわざ英会話スクールに通う必要はないと思います。

アウトプットというのは、自らの頭で考えて、自らの言葉で発信して、相手と会話することです。

会話をするときに教科書やテキストはむしろ邪魔です。

教科書やテキストは自分の頭の引き出しではないからです。

人と会話するのに教科書やテキストを見ながらする人はいません。

会話する時はあくまで自分の頭の中にある単語や表現のみで行われなければなりません。

自分の頭の中にある単語やフレーズが今表現したいと思っている内容に対して足りてないかもしれません。

しかし、足りてないからと言って会話をやめるわけにはいきません。

だったら、自分の現在知っている単語やフレーズを駆使してなんとか会話をするしかないのです。

この自分の頭の引き出しの中に入っている情報だけで戦うのが会話なのです。

もちろん足りないなら増やせばいいわけですが、それは英会話スクールでやることではありません。

それは英会話スクールの外で行うべきものです。

例えは悪いですが、英会話スクールは戦場なのです。

戦場で剣術の練習や鉄砲の撃ち方を練習する人はいません。

それは戦場に入る前に済ませておくべきものです。

戦場に入ったらその練習したことを発揮するだけなのです。

英会話スクールもこれと同じです。

もうちょっと難しく言うと、単語を覚えたり、フレーズや言い回しを覚えるインプット学習はスクールの外で行い、スクールではそれらのインプットを元にアウトプットすることが求められるのです。

スクールでインプットするのではなく、スクールではアウトプットに注力するべきなのです。

なぜならインプットはスクールじゃなくてもできるからです。

であれば、スクールではスクールでしかできないことに注力しましょう。

まとめ:自分の軸を決めてとことん利用しまくろう!

英会話スクールに限ったことではありませんが、何か新しく始めるということはとても尊敬に値します。

英会話スクールに通うと決めたこと自体は大変素晴らしいことです。

折角素晴らしい決断をされたのですから、その投資を最大限生かして、最大の効果を狙ってほしいと思います。

そのためにも、自分が英会話スクールに通う目的をはっきりさせ、その目的に合った英会話スクールに通うようにしてください。

最近ではオンラインで完結する英会話スクールも登場しており、忙しいサラリーマンでも効率的に英会話を勉強できるスクールもあるようです。

こちらはあのメンタリストDaiGoさんも始めた英会話スクールです。

今だけキャンペーン中だそうですので、ぜひのぞいてみてください。

【メンタリストDaiGoさんも受講中!】オンライン英会話学習『AQUES(アクエス)』の概要



「アクエス」英会話スクールはなぜ効果的なのか?

ABOUT ME
ようちゃん
こんにちは! 本ブログの運営をしているようちゃんです。 学生時代は部活(水泳部)とバイトに明け暮れ、勉強はほったらかし。大学4年生の時に就活しながら1年生と授業を受ける講義もあり、リクルートスーツを身にまとったおっさんは新入生に白い目で見られながらもなんとか卒業にこぎつけた。 英語が好きだったこともあり、将来はなんとなく海外で働いてみたいなあとぼんやり思っていました。 そこで、大手総合商社を中心に、海外駐在できたり、世界を飛び回れる仕事をやらせてもらえそうな会社を選んではひたすら受けまくりました。 運よく海外に拠点を広げ続けている上場企業の商社に入社できました。 入社前の先輩社員との懇談会で台湾やイギリスなどに駐在経験があった社員から海外駐在時の話を聞くことができ、自分も同じようなキャリアを描けるのかもと社会人人生を楽しみにしていました。 しかし、配属先は経理部に。経理なんてなにをする部署なのかもわかっていませんでした。一体いつになったら海外に行けるのか。そんな不安とともに社会人生がスタートしました。 結局新卒から10年ほど上場企業の正社員として経理部で働きました。その間に紆余曲折がありながらもUSCPA(米国公認会計士)のライセンスを取得。 当時の後輩がインドに赴任したことをきっかけにバックオフィス周りの指導やサポートを行っていました。その後輩は営業経験しかないのに、インド法人を丸ごと任されてしまい、営業以外の仕事をどうしたらいいのか困っていました。私は営業はできませんが、経理を中心とした事務系の仕事はある程度アドバイスできました。当時としては大したサポートにはなっていなかったとは思いますが、それでもとても感謝されました。 そこで思いました。 海外に出ている日本人は同じように困っているに違いない。それなら今の会社だけでなく、たくさんの会社をサポートできるかもしれない。 このインドに放り込まれた後輩をサポートしたことがきっかけで、自分の人生設計を見直した結果、上場企業の正社員という安定した地位を捨て、2015年に突然フィリピンに移住し、海外コンサルタントとして働き始めました。給料が日本にいた時の3分の1近くになって嫁に怒られ、嫁ブロックにあいながらも何とか凌いでいます。 私の予想通り、海外に出た日本人の駐在員は困っていました。 そこで海外コンサルタントの出番です。 日本の常識は海外ではなかなか通じません。 とは言っても、日本のやり方でビジネスを進めていく必要がある場面もたくさんあります。 だからこそ海外コンサルタントは必要なのですが、少子化のせいなのか、若者の海外離れのせいなのか、海外コンサルタントは圧倒的に足りません。 あなたのサポートを待っている企業が必ずあるはずです。 本ブログを通じて、少しでも海外コンサルタントに興味を持ってもらい、海外コンサルタントの世界に参加してくれる仲間が増えてくれれば、駐在している国はもちろん、日本も元気を取り戻してくれることと確信しています。 ぜひ仲間になりましょう!