USCPAの転職

USCPA取得者はコンサルへ転身し、海外で働くことができる理由

USCPA取得者はコンサルへ転身し、海外で働くことができる理由

 

USCPA取得者はコンサルへ転身し、海外で働くことができます。

それは海外の方がライバルが圧倒的に減るからです。

USCPA合格後に転職を考えているけれど、どういう選択肢があるのか知りたいという方は多いのではないでしょうか。

そこで、私は一つの選択肢として、コンサルへの転身、しかも海外で働くことを提案したいと思います。

私もUSCPA合格後はコンサル&海外で働いています。

折角人生の大事な時間を犠牲にして取得したUSCPAでしょうから、ぜひ最大限に生かして人生を変えていって頂けたらと思います。

USCPA取得者はコンサルになることができます

いきなりなんだ?と思った方もいるかもしれません。USCPAはその名の通り、米国公認会計士ですから、会計士の資格なんですね。だから普通はアメリカの大学で会計学などを専攻している学生が、監査法人に就職した後に働きながら合格を目指すものです。USCPAでなければ、最後の監査報告書にサインできませんから、そのサインをできるようにするために皆さん必死でUSCPAを取得しようとするわけです。噂ではそのサイン1つで数億円ということですからUSCPAはそれはそれは大事な資格という位置付けです。アメリカは日本と違って会計士に対する監査報酬が桁違いですからそれだけ大きな責任を持つ立場ということが言えると思います。

前置きがかなり長くなってしまいましたが、要するにUSCPAを目指す方は基本的には監査法人で会計士として働くことが多いのだと思います。

ところが、USCPAは王道の監査法人以外にも様々な職場が選択肢としてあり、今回はコンサルという職業を取り上げたいと思います。

コンサルとは?

いきなりコンサルを勧められても、コンサルってなんだ!?と思う方もいるかもしれません。いわゆるコンサルティング会社で働くクライアントに対して色々相談に乗って問題を解決してお金を頂く仕事をされている方のことです。

詳しくは別記事で書きましたので、そちらを参照してください。リンク張っておきます。

コンサルの活躍の場は海外にもあります

この記事を見て頂いている方は日本人の方が多いと思いますが、今は日本でもUSCPAの受験ができるようになったので日本人の方も受験がしやすくなりましたね。昔は受験を申し込む州に行って受験しなければならなかったので、例えばアラスカ州で申請した場合はアラスカ州まで行って受験しなければならず、本当に大変だったと思います。その後、申請した州でなくてもアメリカ国内であればどこの州でも受験ができるようになり、日本人は日本から比較的近いグアムとかハワイで受験する方が沢山いました。それでも日本からだと結構遠いですよね。それからしばらくして日本でも東京と大阪で受験ができるようになり本当に便利になりました。ですから今は日本国内で働いている方で今後も日本で働こうと思っている方が受験されているケースが多いと思います。

もちろん日本国内でも現在は様々な外資系の企業が日本に子会社や支店を作っていますから、日本国内であってもそれなりにUSCPAを生かす場はあるでしょう。

でももしあなたが日本国内以外で働く選択肢も考えているとしたらぜひ知って頂きたいのは、海外でも十分生かせる道はあるということです。コンサルであればなおさらです。

なぜ海外が選択肢としてあるのか?

まずその最大の理由はライバルが少ないからです。

個人的には同じ能力(武器)を持つ人の数とその能力を持つ人が生かせる仕事の数のバランスで働けるかどうかが決まると思いますが、海外では需要に対して供給が圧倒的に少ない印象です。つまり、多くの企業や顧客がUSCPAの能力を持っている人の力を借りたいと思っているのに、実際にそれらを供給できる人が足りていない、ということです。

海外ならどこがいいのか?

私の意見としてはあなたの好きな国で働くのが結果的にいいと思っています。

私の公認会計士仲間は、やはり本場の(?)ニューヨークやロンドンで働きたいと思ている方が多いように思います。アジアであればシンガポールや香港が人気です。

でも働くのはあなた自身です。それであれば自分が楽しいと思える国や場所で働く方がいいでしょう。働くのは毎日のことです。楽しいことばかりではありません。それであれば少しでも息抜きができるもしくはそこにいて落ち着く場所を選ぶ方が結果的にうまくいくと思います。

フィリピンはオススメです

これは私の実感なので統計データの話ではありません。私は実際フィリピンでUSCPAとしてコンサルティング業務に携わっています。フィリピンではざっとカウントしただけでも日本企業が約1,500社ありますが、会計や税務に詳しい方を駐在させている会社はほとんどありません。つまり、日本で営業や製造に関わっていた方がいきなりフィリピンに出向して、いきなり会計や税務などの専門外領域の仕事をこなさなければならないわけです。しかも英語で、です。これは普通のサラリーマンの方にとっては本当に大変だと思います。

そういう会社もしくは経営者の方に寄り添えるのがUSCPAであり、コンサルなのです。USCPAを取得されたあなたであれば、「英語」で「会計や税務」の仕事をこなすことはできるはずです。例えばBalance SheetやPLといった単語も専門用語ですのでそれなりに勉強していないと分からないものです。でもUSCPAを取得されたあなたならそれらがどういう意味を持つ書類なのか分かりますよね?

例えば、フィリピンでは毎年必ず会計士による会計監査を受けることが法律で決まっています。そう、あのUSCPAで勉強した監査論の話です。フィリピンはアメリカの影響からかほとんどアメリカと似ています。監査報告書の内容はUSCPA取得者のあなたであれば丸暗記しましたよね?そう、あの内容がそのまま実務で出てきます。

でも普通にサラリーマンをやってきた方であれば、監査報告書を見ることはありませんね。それにいきなりサインしろと言われてもビックリします。でもUSCPAを取得したあなたであれば、なぜ経営者が監査報告書にサインしないといけないのか分かりますよね(その内容は財務諸表は経営者の責任で作成しましたというものです。USCPAを勉強した方にはお馴染みのフォーマットです)。そういったことを日本語で分かりやすく伝えてあげるだけでも経営者の方は喜んでくれます。

フィリピンの治安は大丈夫なのか?

フィリピンの治安は日本のようにはいきません。しかし、あなたの心がけ次第、ということになります。一つ言えるのは、日本におけるマスコミの報道は嘘ではありませんが、フィリピンのごく一部を報道しているにすぎません。フィリピンに限りませんが、世界中どこでも危険な目に会う確率が高いところとそれほど確率が高くないところがあります。ですから、治安の良し悪しはあなたの行動、心がけ次第と思います。

フィリピンの治安については別の記事で詳しく書きたいと思いますのでそちらを参考にしてみてください。

まとめ:USCPA合格後はコンサル&海外をキーワードに選択肢を広げよう!

いかがでしたでしょうか。USCPA=監査法人という選択肢しか考えられなかった方、日本国内での仕事しか選択肢になかった方にとって、少しでもUSCPAの生かしどころを広げて頂くきっかけになったらと思います。

折角苦労して取得したUSCPAです。ぜひ人生に生かしてください!

ABOUT ME
ようちゃん
こんにちは! 本ブログの運営をしているようちゃんです。 学生時代は部活(水泳部)とバイトに明け暮れ、勉強はほったらかし。大学4年生の時に就活しながら1年生と授業を受ける講義もあり、リクルートスーツを身にまとったおっさんは新入生に白い目で見られながらもなんとか卒業にこぎつけた。 英語が好きだったこともあり、将来はなんとなく海外で働いてみたいなあとぼんやり思っていました。 そこで、大手総合商社を中心に、海外駐在できたり、世界を飛び回れる仕事をやらせてもらえそうな会社を選んではひたすら受けまくりました。 運よく海外に拠点を広げ続けている上場企業の商社に入社できました。 入社前の先輩社員との懇談会で台湾やイギリスなどに駐在経験があった社員から海外駐在時の話を聞くことができ、自分も同じようなキャリアを描けるのかもと社会人人生を楽しみにしていました。 しかし、配属先は経理部に。経理なんてなにをする部署なのかもわかっていませんでした。一体いつになったら海外に行けるのか。そんな不安とともに社会人生がスタートしました。 結局新卒から10年ほど上場企業の正社員として経理部で働きました。その間に紆余曲折がありながらもUSCPA(米国公認会計士)のライセンスを取得。 当時の後輩がインドに赴任したことをきっかけにバックオフィス周りの指導やサポートを行っていました。その後輩は営業経験しかないのに、インド法人を丸ごと任されてしまい、営業以外の仕事をどうしたらいいのか困っていました。私は営業はできませんが、経理を中心とした事務系の仕事はある程度アドバイスできました。当時としては大したサポートにはなっていなかったとは思いますが、それでもとても感謝されました。 そこで思いました。 海外に出ている日本人は同じように困っているに違いない。それなら今の会社だけでなく、たくさんの会社をサポートできるかもしれない。 このインドに放り込まれた後輩をサポートしたことがきっかけで、自分の人生設計を見直した結果、上場企業の正社員という安定した地位を捨て、2015年に突然フィリピンに移住し、海外コンサルタントとして働き始めました。給料が日本にいた時の3分の1近くになって嫁に怒られ、嫁ブロックにあいながらも何とか凌いでいます。 私の予想通り、海外に出た日本人の駐在員は困っていました。 そこで海外コンサルタントの出番です。 日本の常識は海外ではなかなか通じません。 とは言っても、日本のやり方でビジネスを進めていく必要がある場面もたくさんあります。 だからこそ海外コンサルタントは必要なのですが、少子化のせいなのか、若者の海外離れのせいなのか、海外コンサルタントは圧倒的に足りません。 あなたのサポートを待っている企業が必ずあるはずです。 本ブログを通じて、少しでも海外コンサルタントに興味を持ってもらい、海外コンサルタントの世界に参加してくれる仲間が増えてくれれば、駐在している国はもちろん、日本も元気を取り戻してくれることと確信しています。 ぜひ仲間になりましょう!
下記の記事もオススメです。