海外転職/移住

【将来は海外で働くキャリアを考えている方へ】キャリアプランに海外就職を加えてみるとわかったこと

私は勢いで2015年に突然日本からフィリピンに移住し、海外就職しました。

それまでの海外経験はゼロです。

留学経験もありません。

周りが驚く大決断でした。

この選択で人生が大きく変わりました。

自分という存在を見つめ直すきっかけにもなりました。

ただし、誰もが同じようなキャリアを歩むことが正解なのかは分かりません。

でもこれはやってみないと分からないことなんです。

だから一度は海外就職をキャリアの一つに加えて試してみることをオススメします。

【結論】キャリアプランに一度は海外就職を加えてみる方がいい

これは私自身の体験からそう思います。

私は2015年に突然フィリピンに移住しました。

それまでは日本の東京にある普通の事業会社で経理業務を担当していた普通のサラリーマンでした。

そんな私が経理業務で海外とのつながりが多かったことから、事業会社に在籍中にUSCPA(米国公認会計士)の資格を取りました。

USCPAに興味がある方は下記を参考にしてください。

無料資料請求する

その時すでに30代半ば手前くらいでした。

当時は転職は35歳までとか結構シビアに年齢基準が引かれていた時代でした。

そこにリーマンショックが起きていたのと、大震災の影響で日本経済は厳しい状況でした。

海外に目を転じていた私でしたが、その頃は各社海外駐在員を日本へ戻し、現地は現地でオペレーションするといういわゆる現地化ってやつを推進していた時期でしたので、日本人が海外で働くという道は相当険しいものになっていました。

このままでは海外で働くチャンスが一生訪れないかもしれない。

そう思って転職を決めました。

転職でのポイントは海外で働けること。

海外で働ける転職先を探して転職エージェントに相談していました。

すらすら順調だったかのように書いていますが、相当葛藤しました。

なにせ海外で働いたことがなかったので、自分なんかが海外でうまくやっていけるのか、ちゃんと生活していけるのかということは常に不安でした。

それでも、海外就職を実現できたのは下記の思いがあったからです。

海外で人生に一度は働いてみたい。
今を逃したら一生海外で働く夢は実現できないかもしれない。
もし海外で働いてみてつらかったらすぐ日本に帰ってくればいい。
その時はあきらめがついて逆に日本でもっと頑張れるかもしれない。
それなら海外就職するリスクはゼロだ。

このように強引に自分を説得し、納得させて無理矢理海外就職を強行しました。

ちなみに、この時点で妻には何も相談してません。

当然ながらこのあと妻に猛攻撃をくらうことになります。

その話はこちらです。

転職時に嫁ブロックに悩んでいる人へ。今よりも将来を考えよう!

皆さん、家族は大事にしましょう。

でも私の決断は良かったと思います。

半ば強引というかあまり深くは考えずに即実行したのがよかったです。

きっと色々考えてしまったら、やっぱりやめとこうという結論になりかねませんでした。

私がそういう性格だったからです。

逆にそれが分かっていたからこそあえてあまり考えずにとにかく行動を先にしてみた、ということです。

でもこれがよかった。

人生変わりました。

【理由】自分のキャリアの方向性を見定めることができる

海外で働くことはきっと向き不向きがあると思っています。

でもその向き不向きは自分が思っている、想像していることとは違う可能性が高いです。

実際私もそうでした。

海外でうまく働けるかなんて全く想像できていませんでした。

不安でしかありませんでした。

でもだからこそ飛び込んでみたんです。

そうしたら意外と自分の性格に合っていたというか少なくとも日本で働いていた時よりは元気に働ける気がしました。

ただ、仕事は大変ですよ。

全然楽じゃないです。

むしろ日本で働いていた方が楽です。

海外ではストレスも半端ないです。

日本では感じないストレスも海外ではたくさん感じます。

【海外移住を目指す方へ】ストレスを減らすには他国と比較しないことです

そんなマイナス面もいっぱいあるのになぜか精神的には楽しいのです。

私は海外に来てまだ6年くらいですが今のところは自分の体質には合っているかなといったところです。

もし海外に適合できなかったら数ヶ月で日本に帰ろうと思っていた自分からすれば6年というのは相当長いです。

6年の間に仲間の日本人(彼らは本社から派遣された駐在員)は次々と任期を終えて日本へ帰国してしまいました。

今やフィリピンの中では一部のベテランを除いては私は滞在歴は長い方だと思います。

フィリピンは東南アジアのちょうど真ん中に位置しているので周辺の国々には結構行きやすいです。

そうすると、週末にタイに行ったり、ベトナムに行ったりすることもあります。

今はパンデミックの影響で海外には行けなくなってしまいましたが、パンデミックが解消したらまた他の国へ行ってみようと思っています。

そのように他の国にも足を運んでいると、今度はこの国で働いてみたいなあ、住んでみたいなあという気持ちになります。

ということで、今のプランとしてはあと2か国くらいアジアを回って仕事してその後日本に帰るか考えようというプランになっています。

もちろん将来のことなんでどうなるか分かりませんが、すでに海外就職は一度達成したので、きっと同じような手順を踏めば就職できるんだろうなあという感じではあります。

もし海外移住後に数ヶ月で日本に帰国していたらこんなプランは描けなかったわけです。

想像すらできなかったことでしょう。

これも全てフィリピンへの海外就職を実現して体験できたからこそ出てきたプランなので、フィリピンへの海外就職が私のキャリアの分岐点になったことは言うまでもありません。

海外就職が絶対にいいということは言いません。

もし自分の肌に合わなかったら、自分には無理だということが身をもって分かったとしたら、私は日本に帰らざるをえなかったわけです。

でもそれも一つの選択肢ですし、自分のキャリアプランから海外で働くという選択肢がなくなるわけですから、もっと日本での働きに集中できることになります。

そうすることで、自分のキャリアを方向づけることができるのです。

これはこれで幸せなことだと思っています。

まとめ:自分の潜在能力を開花せよ!海外就職で新たな自分を発見しよう

海外就職はすべての人にオススメできるとは思いません。

人には合う合わないがありますからしょうがないことです。

どちらが良い悪いという話でもありません。

しかし、自分に合う合わないというのは意外と自分では分からないものなのです。

自分には合うと思っていたけど実際には合わなかった。

自分には合わない、無理だと思っていたけど実際にはすばらしい潜在能力を発揮して最高のパフォーマンスを出すことができた。

自分の感覚なんてあてにならないということです。

ではそれをどうやって知るか。

それはやってみるしかない、ということです。

良くも悪くもやってみれば必ず結果は出ます。

結果が出れば自分でも分かります。

それから決めればいいんです。

やってみなければわからない。

だからこそとりあえずは海外で働くことをキャリアプランに入れてみてほしいです。

きっと自分が知らない自分に出会えると思いますよ。

頑張ってください!

あなたの人生はあなた以外の誰の人生でもないです。

あなた自身が決めればいいんです。

やり直しは何度でもききますから。

転職サイトのリンクを下記に貼っておきます。自分では気が付かなかった転職先が見つかる可能性も大いにありますよ。下記のリンクから登録できますのでぜひ。無料ですから安心してください(笑)。

マンツーマンで相談したい!
マンツーマンで転職活動を支援するコンサルティングサービス【ゲキサポ】
USCPAの出口を探したい
公認会計士・税理士・経理の転職求人情報なら【ジャスネットキャリア】
コンサル業界に興味あり!
新規会員登録(無料)はこちら【アクシスコンサルティング】

ABOUT ME
ようちゃん
こんにちは! 本ブログの運営をしているようちゃんです。 学生時代は部活(水泳部)とバイトに明け暮れ、勉強はほったらかし。大学4年生の時に就活しながら1年生と授業を受ける講義もあり、リクルートスーツを身にまとったおっさんは新入生に白い目で見られながらもなんとか卒業にこぎつけた。 英語が好きだったこともあり、将来はなんとなく海外で働いてみたいなあとぼんやり思っていました。 そこで、大手総合商社を中心に、海外駐在できたり、世界を飛び回れる仕事をやらせてもらえそうな会社を選んではひたすら受けまくりました。 運よく海外に拠点を広げ続けている上場企業の商社に入社できました。 入社前の先輩社員との懇談会で台湾やイギリスなどに駐在経験があった社員から海外駐在時の話を聞くことができ、自分も同じようなキャリアを描けるのかもと社会人人生を楽しみにしていました。 しかし、配属先は経理部に。経理なんてなにをする部署なのかもわかっていませんでした。一体いつになったら海外に行けるのか。そんな不安とともに社会人生がスタートしました。 結局新卒から10年ほど上場企業の正社員として経理部で働きました。その間に紆余曲折がありながらもUSCPA(米国公認会計士)のライセンスを取得。 当時の後輩がインドに赴任したことをきっかけにバックオフィス周りの指導やサポートを行っていました。その後輩は営業経験しかないのに、インド法人を丸ごと任されてしまい、営業以外の仕事をどうしたらいいのか困っていました。私は営業はできませんが、経理を中心とした事務系の仕事はある程度アドバイスできました。当時としては大したサポートにはなっていなかったとは思いますが、それでもとても感謝されました。 そこで思いました。 海外に出ている日本人は同じように困っているに違いない。それなら今の会社だけでなく、たくさんの会社をサポートできるかもしれない。 このインドに放り込まれた後輩をサポートしたことがきっかけで、自分の人生設計を見直した結果、上場企業の正社員という安定した地位を捨て、2015年に突然フィリピンに移住し、海外コンサルタントとして働き始めました。給料が日本にいた時の3分の1近くになって嫁に怒られ、嫁ブロックにあいながらも何とか凌いでいます。 私の予想通り、海外に出た日本人の駐在員は困っていました。 そこで海外コンサルタントの出番です。 日本の常識は海外ではなかなか通じません。 とは言っても、日本のやり方でビジネスを進めていく必要がある場面もたくさんあります。 だからこそ海外コンサルタントは必要なのですが、少子化のせいなのか、若者の海外離れのせいなのか、海外コンサルタントは圧倒的に足りません。 あなたのサポートを待っている企業が必ずあるはずです。 本ブログを通じて、少しでも海外コンサルタントに興味を持ってもらい、海外コンサルタントの世界に参加してくれる仲間が増えてくれれば、駐在している国はもちろん、日本も元気を取り戻してくれることと確信しています。 ぜひ仲間になりましょう!