転職

【USCPAの転職】未経験だと転職が難しいと聞く件で混乱した

「USCPAを取得すれば未経験でも転職できますか?」

こんな話を何度か聞いてきました。

未経験でも転職できるかどうかが知りたいようですが、”どこに転職するか”で答えはYESにもNOにもなります。

だからこの質問をする前に、自分の将来のキャリアや自分はどうなりたいか、どういう生活を送りたいのかという「自分像」がないとこの議論が深まらないということです。

そもそもUSCPAって何なのかという点も踏まえながら考察してみます。

【結論】未経験だと転職が難しいと言われる理由が意味不明だった

「未経験=転職が難しい」

この字ずらだけ聞けば「そりゃそうでしょ」ってなりますよね。

未経験なのにやすやすと「はいどーぞ、ぜひ!」なんていう会社は普通はありません。

当然ながら転職となれば、即戦力を求めます。

未経験の人なんてお話にならないからです。

だって、未経験者を経験者に育てるためのコスト(時間とお金)をすっ飛ばしたいからわざわざ転職者を採用するんですから。未経験者なのに高い給料で採用するわけがありません。

とはいえ、人が欲しいことは間違いありませんから、未経験者であっても未経験者なりの給与水準で良いと本人が思うのであれば採用してくれる可能性はあります。

未経験者とはいえ、USCPAをちゃんと勉強して合格するくらいのガッツがある人ということと、新卒でない限りそれまでに少なからずビジネス経験は積んでいるわけですからそれが活きることは間違いないからです。

ですから単純に「未経験者=転職が難しい」と思考停止になるよりも、じゃあどうすれば難しくなくなるのか、少しでもハードルを下げられるのかを考えた方が建設的です。

つまり、何がネックだから転職できないのかを探るということです。

私も採用活動をしているので感じるところはありますが、求職者は概ね自分を高く見せたがりです。

まあ転職支援会社の入れ知恵(笑)もあるのかもしれませんが、残念ながらどんなに素晴らしい履歴書を見せられたところで、本当にうちの会社でやっていけるのか、本当にうちの会社で活躍してくれるのかは、結局のところ一緒に働いてみないと分からないのです。

私も実際に採用活動をしている中でそのような事例はいくつもありました。

逆にこの子はダメだろうなあ、すぐ辞めるだろうと思っていた人がものすごいガッツを見せてどんどん仕事を吸収して、あっという間に会社にとって大切な人材に育つこともありました。

人事なんてそんなもんなんです。

結局履歴書や面接では分からない部分が多いので、一緒に働いてしばらくするまで本当に会社にとって役に立つ人材なのかなんて分からないのです。

履歴書に素晴らしい経験値が書いてあってもそうなのですから、未経験者ならなおさらです。

会社にとって採用活動というのは掛け、ギャンブルなんです。

しかも一度採用してしまったらクビにすることはなかなか難しい。仕事が思ったようにできなかったとしても給料は毎月必ず払わないといけない。

あなたが会社の採用担当者の立場だったらどうですか。

経験値もないよくわからない人を高い給料で採用しますか。

採用してたとして、もしダメな人だったら、採用を決めたあなたが会社から責められるんですよ。

「なんであんなヤツ採用したんだ!?人事はどこに目を付けてんだ!?」ってね。

人事の人だってサラリーマンです。

そんなリスクを冒してまで採用できません。

じゃあどうするか?

それは未経験の分、給料を下げて採用するのです。

それであれば”そんなに”怒られません、たぶん。

「アイツはダメだな。でも未経験として採用したし未経験なりの給料だからまあいいか」って感じで。

人事の人の首がつながりましたあ!!よかったですね。

こんな風に会社では採用する側としても採用するリスクを抱えているんです。

だから採用される側もちゃんと相手の人事の方の将来を考えて(笑)採用されてください。

【理由】USCPAは現代ビジネスの基礎が整っている証明書。USCPA=経理職の固定概念から脱却しよう。

ネガティブな話ばかりしてしまいましたが、USCPAは米国の公認会計士の資格ですから、USCPAというと、どうしても会計職、経理職、財務職などの専門職を思い浮かべてしまうかもしれません。

ちなみに、USCPAをご存じない方は下記からUSCPAについて学べます。
セミナーは無料ですので一度話を聞いてみてもいいかもしれないですね。
USCPAを目指すならアビタス。
USCPA/米国公認会計士 国際資格 アビタス

私は「電子部品商社→経理部→IT部→USCPA取得→転職→フィリピン移住→フィリピンのコンサルティング会社」という経歴です。

USCPAは本来金融市場の番人として、会社が作った財務諸表(身体検査結果表と成績表みたいなもの)をチェックして、大体合ってますよとか全然ダメですとかそういう意見を言うために特権を与えられた資格なんです。

だから、どうしても会計職とか経理職と結びつきやすいんです。

私も経理部にいましたから、そういう方はUSCPAはこれからの時代は絶対取った方がいいです。

なぜなら海外では経理のような専門職の方はCPAを持っていないと管理職以上にはなれないからです。

役員レベルともなればなおさらです。

財務担当の役員なんかはCPAを持っていないとそもそもなれないことになっています。

だから経理や財務の世界で突き進みたい人はUSCPAを絶対持っていないとダメです。

経理職

今回のテーマである転職の話と絡めれば、今まで経理職の経験がない方が、USCPA取得を機に経理職へ転職しようとしてもなかなか難しいと思います。

なぜなら経理職は専門職なので、どちらかというと技術職です。

ちょっと大げさかもしれませんが、匠の技というか職人の仕事なのです。

職人技ができる人に「ライセンスはありますか?」なんて聞かないですよね。

逆にライセンスがあれば明日から職人と同じ仕事ができるかと言えばそんなことないわけです。

だから経理職というのはライセンスを持っていればできるというものではないのです。

そういう意味においては、USCPAを取得したから明日から一人前の経理職の人と同じ仕事ができるかと言えばそんなことはないので、転職して給料がいきなり上がるということは無理でしょう。

ただ、USCPAを取得していることは、一通りの経理職に必要な学習は終えているということですから、経験さえ積めばUSCPAを持っていない経理職の方よりは大きく飛躍できる可能性はあります。

ただ、それも経験を積んだ後の話なので、数年間はかかることは覚悟しておく必要はあります。

経理職は専門職なので、下積みが大いに求められる職種です。

それでもやりたいということであればぜひ挑戦してほしいと思います。

経理職はどの会社にも必ず求められる職種で、経理部がない会社はないでしょう。

そういう意味では、経理の実務経験+USCPAは理想的なキャリアに成り得ます。

ここまで読んで頂いたら分かったと思いますが、USCPAは経理職にはダイレクトにはあまり効果がないのです。

USCPAはうわべの知識を広く浅く学ぶので、一部分の分野をふか~く突き進む経理職にはちょっと物足りない資格です。

監査法人

そんな経理みたいな仕事は向いてないな~という方、USCPAで勉強したことをそのまま活かしたい、そんな話を聞いていたらどんな会社に行けばいいのか分からなくなった、という方は、監査法人をオススメします。

監査法人はまさにUSCPAの資格を必要とする仕事ばかりです。

USCPAで勉強した内容をそのまま実践で経験する感じです。

今は監査法人は人手不足状態です。

猫の手も借りたいくらい忙しいです。

監査という仕事は多くの人手が必要な仕事です。

USCPAで学習した「Audit」の内容に沿ってそのまま実践するわけです。

会社に置いてある現金を実際にカウントしたり、債権債務の残高確認書を仕入先や客先に送付して回答をもらって、差異を確認して分析したりするのも監査人の大事な仕事です。

このように監査という仕事は手順が決まっているので、未経験であってもUSCPAを持っていればそれなりに活躍できるフィールドはあるようです。

それに監査法人全体の給与テーブルが普通の会社に比べればそれなりに高い気がする(?)ので、未経験であったとしても漏れなく会社の給与テーブルに乗せられるわけですから自動的に給料が高くなる可能性はありますね。

それに監査法人であればUSCPAで勉強した内容をそのまま活かせますから仕事を理解するのは早いと思います。

監査法人における仕事内容もいいと思いますが、なによりいろんな会社をいっぺんにのぞけることは監査法人の醍醐味でしょう。

それにただ見るだけじゃなくて、どんな財産をもっているのかとか、儲かっているのか儲かっていないのか今後どうなっていきそうなのかまで分かるのです。

こんな仕事は他にないんじゃないでしょうか。

まさに監査人に与えられた特権でしょう。

いろんな会社の中身を見ていくうちに、こういう会社はいいなあとかこの業界は面白そうだなど次の転職先や自分に合った会社を探すのにも最高ですね。

見ているだけではなく、その会社に勤めている人からたっぷり話を聞く機会もありますから、現場の生の声を拾うこともできるのです。

ということで、私としては、経理職の経験がないUSCPA取得者は、特に決まっていないなら監査法人への就職はオススメです。

まずは未経験の自分なりの定義付けから。そこから必要なスキルや経験値をゲットしよう!

色々書きましたが、結局未経験の定義を行ってみることです。

経理職に就きたいという目標に対して、経理職の未経験であればUSCPAを持っていたとしても大していい仕事には就けない可能性が高いです。

それは経理職が職人技を必要とする仕事だからです。

資格の有無は関係ないとでも言いましょうか。

経理職はなによりも経験値が求められる仕事だからです。

経理職の未経験でも監査法人であれば、USCPAで学習した内容を存分に活かせる可能性が高いです。

特段やりたいことも決まっていないようであれば監査法人はオススメです。

今まではUSCPAをその道で活かすという観点から解説しました。

しかし実はUSCPAは経理職だけに役立つ資格ではありません。

USCPAは現代のビジネスに必要な知識が全部詰まっている資格だからです。

USCPAは「英語+会計+IT+法律」をふんだんに含んだ資格ですので、現代のビジネスマンにとっては必要不可欠な内容を学んでいるのです。

つまり、USCPAは会計職にとどまらず、営業職や技術職、事務職であっても学んでおくべき内容を含んでいるため、全ての職種で活かすことができる資格なのです。

活かすと言っても直接仕事に活きるわけではありません。

あくまでビジネスの土台になる知識を得ているということです。

その土台の上に何を乗せていくかはその人次第なのです。

例えば営業職であっても、「営業スキル+USCPA」はとても効果が高いです。

営業職の方は顧客開拓、マーケティングが仕事です。

つまり、自社の商品を売るのが仕事です。

しかし、売るだけでは仕事が完結しないことはUSCPAを勉強している人であれば分かります。

それは売るという仕事は、商品やサービスに対する代金を回収できて初めて完了する仕事なのです。

実は売るという行為自体はB to B取引の場合はそんなに難しくなかったりします。

なぜなら掛け商売が通常だからです。

ツケってやつです。

商品だけ先に渡してお金は一ヶ月後とか場合によっては半年後ってこともあります。

しかし、会社というのはお金が無くなったら終わりです。

いくらいい商品を持っていても、いくら利益を出していても、お金が無くなったらその瞬間にジ・エンドなんです。

USCPAを勉強している方はこの辺りは分かるのです。

要するに、お金がない会社には売らない、どうしても売らないといけない時は前金にしてもらう、支払いタームを早くしてもらう、といった対策を考えて客先と交渉できるということです。

お金がない会社かどうかを見分けるにはその会社の財務状態を見ればわかりますね。

USCPAであれば財務状態を確認できるわけです。

財務諸表が読めるからです。

こちらがUSCPAを土台に営業職に展開した例です。

これはほんの一例ですが、このようにUSCPAで勉強した知識が各所で発揮できるのです。

ですから、経理職に転職できない、転職したくなかったとしても、様々な業種・業界・職種でUSCPAは効果を発揮するのです。

だから、未経験だからということは気にせず、自分自身でやりたいことをやったらいいと思いますよ。

どこかでUSCPAで培った知識が活きるところがあるはずです。

【USCPAの転職①】USCPAが転職するなら転職市場のブルーオーシャンを狙うと人生変えられます

【USCPAの転職②】USCPAの転職先は転職エージェントに相談して潜在能力を引き出してもらうのが正解

まとめ:「未経験=転職難しい」ではない、自分なりの道を探せば必ずある!

USCPAはあくまでビジネスの土台であるという話をしました。

土台でありますから、その上に何を乗せるかは自分で決めればいいのです。

何を乗せても効果は発揮されます。

使い方次第なのです。

USCPAだからといって、会計職に就かなければならないわけでもないし、監査法人に就職しなければ意味がないわけでもないのです。

私は経理部にいたので経理の実務経験が先にあって、その上にUSCPAを取りました。

しかし、経理という仕事は好きになれなかったので、コンサルティング会社に転職しました。

コンサルティング業務は未経験でしたが、経理部での経験とUSCPAで得た知識を元に仕事をこなすことはできています。

もちろん専門的な仕事は難しいですが、それは専門家に相談すればいいだけのことで、自分で全部できる必要はありませんし、やる必要もありません。

でもUSCPAで一通りの知識は得ているので、専門家に相談してもちゃんと理解できますし、なにより会話が成り立つのです。

これもUSCPAで勉強していなかったらきっと会話すら成り立たなかったことでしょう。

そういう意味でもやっぱりUSCPAは土台なのです。

ぜひUSCPAを取得した方は自分の道を探してほしいと思います。

人の真似をしてみるのもいいですが、ぜひ自分らしく、自分の道を進んでみた方が結果的に楽しく仕事ができると思いますよ。

USCPA取得後に転職したい!海外転職したいという方は下記のリンクから相談してみてください。いろんな発見があると思います。

マンツーマンで相談したい!
マンツーマンで転職活動を支援するコンサルティングサービス【ゲキサポ】
USCPAの出口を探したい
公認会計士・税理士・経理の転職求人情報なら【ジャスネットキャリア】
コンサル業界に興味あり!
新規会員登録(無料)はこちら【アクシスコンサルティング】

ABOUT ME
ようちゃん
こんにちは! このブログの運営をしているようちゃんです。 新卒から10年ほど上場企業の正社員として経理部で働きました。その間に紆余曲折がありながらもUSCPA(米国公認会計士)のライセンスを取得。 その後、自分の人生設計を見直した結果、上場企業の正社員という安定した地位を捨てて、2015年に突然フィリピンに移住しました。そこで給料が日本にいた時の3分の1近くになって嫁に怒られ、嫁ブロックにあうものの何とか説得に成功し(?)、凌いでいる日々です。 初めての海外生活でてんやわんや。それでも何とか生きていけるようになりました。 USCPAとしてフィリピンのビジネスに関する本を執筆したり、フィリピンにて進出企業や既存企業向けにセミナーやウェビナーを開催させて頂く機会を得ることもできるようになりました。 USCPAを取得するまで私が本を執筆したり人様の前でセミナーをすることなど想像もしていませんでした。 人生は何が起きるか分かりません。ですから皆さんも明るい未来に向かって一緒に頑張りましょう! 海外でチャレンジすることを目指している人を応援します!
下記の記事もオススメです。