USCPAの転職

【USCPAの転職②】USCPAの転職先は転職エージェントに相談して潜在能力を引き出してもらうのが正解

最近はUSCPA(米国公認会計士)の資格を取得して転職を有利に進めたい、USCPA取得をきっかけにして人生の方向転換を図りたい方が多くなってきています。

USCPAは米国公認会計士ですから、いわゆる会計の仕事に就くのが一般的ですが、USCPAはビジネスを行う上での基礎を網羅している資格なので、USCPAの転職先は会計職だけではないのです。

そうは言っても自分ではどのような業界があるのか、どのような職種があるのか、どのような可能性があるのかを発見するのは中々難しいものです。

そこでUSCPA取得後に転職を希望している方は、転職のプロである転職エージェントに早めに登録してUSCPA合格後の進路を転職エージェントと一緒に探ってみると、自分では想像もつかなかった転職先が見つかって、あなたの人生が大きく転換するかもしれません。

【結論】あなたが思っている以上にUSCPAの活躍の場は広いです

USCPAはビジネス全般に必要な基礎知識を余すことなく網羅している資格です。

USCPAは米国の公認会計士の資格ですので、本来の資格の趣旨としては、会計の専門家となる方が取得する資格です。

USCPAはアメリカの資格ですからアメリカ人が取得する資格であり、特に大学で会計を専攻してきた学生が大学卒業後に会計のプロになるために取得する資格なのです。

USCPAを取得して会計の専門家として金融市場を守っていく使命を負っているわけですが、こUSCPAは外国人にも開放しています。

USCPAは基本的に大学卒業している方である一定の会計単位を取得していれば受験できますので、最近のグローバル社会の中で日本人、中国人、韓国人の方が多く受験しています。

しかも、特段会計を専門にしていない方も多く受験しています。

それはUSCPAは英語でビジネス全般の知識を一気に学べるという利点があり、外国人だからこそUSCPAを取得する価値があるのです。

ビジネス全般に必要な知識をしかも英語で勉強しており、それをある一定の基準をクリアして資格を取得できた方に価値がないわけがありません。

よくUSCPAは使えないとか、USCPAは意味がないとか、そういった評価を聞くことがありますが、それはある一部分の職種で言えることで、きちんとした場所でちゃんとした方法で活かせばそんなことは全くありません。

USCPAの資格は使いどころ、使い方を間違えないことで、USCPAの活躍の場は世界に広がっているのです。

私もUSCPA取得をきっかけにコンサルに転身し、今ではフィリピンで日系企業の経営支援を行っています。

【USCPAについての質問!】米国公認会計士(USCPA)に関するよくあるQ&Aまとめ

【理由】USCPAはビジネスの基礎が詰まっている資格!活かせる場所、求められている場所は膨大だ!

私が就職活動をしていた頃、言われていた言葉があります。

それが現代ビジネスの”三種の神器”です。

つまり、『英語+会計+IT(パソコンのスキル)』です。

英語

英語は昔からビジネスでは重要なスキルとされてきましたが、グローバル社会を迎えるにあたり、英語の重要性がさらに増したのは言うまでもありません。

それでも以前は単なる”スキルアップの一つ”と見られていた向きがありましたが、今は英語ができないと仕事を失う人も出てきて、英語ができないことが逆に欠点になりつつあります。

有名な例では、日産自動車はトップが外国人になり、突然社内の公用語が英語になりました。

また、ネットショッピングで有名な楽天や衣料品店を展開するユニクロも社内の公用語を英語にしています。

日本では外国企業からの買収(M&A)も増えてきており、突然自分の会社が外国企業に買われてしまい、明日からいきなり上司がフランス人になってしまった、なんてことも普通になってくることでしょう。

このような場合は、せめて社内はフランス語じゃなくて英語でよかったと思えるくらいになります。

こうなっては英語ができないことが死活問題になりますから、英語ができることは今後常識になりつつあります。

一昔前のパソコンが使えるかどうかと似ています。

そこで英語を改めて勉強しなければならないと思っている社会人の方の中で、最近ではメンタリストDaiGoさんも受講しているアクエスが人気のようです。

下記のリンクから飛べますのでのぞいてみてください。ちなみに、アクエスは英語の初級者と中級者が対象です。上級者は対象になっていませんので、英語が得意な方、英語が話せる方は受講しないでくださいね。
ハイブリット英会話スタイルで伸ばす「アクエス」

会計

会計と聞くと、なにやら経理屋さんのにおいがするかもしれません。

暗い部屋で毎日電卓と帳簿をにらめっこしている根暗なイメージです。

ところが実際の経理の仕事はそんな会社の隅っこでひっそりとこなしているようなものではありません。

経理は会社の成績表を作って管理する会社にとってとても大事な仕事なのです。

成績表は健康診断書も兼ねていますから、経理の人は会社の成績と健康状態を把握しているのです。

この成績表や健康診断書は会計の特殊なルールに基づいて作成されていますから、会計を勉強したことがない人が見てもよく分からないでしょう。

この会計のルールは国によって少し違いますが、今は世界でルールを統一する方向に向かっています。

各国が少しずつ世界のルールに近づけるように年々自国の会計ルールを変えているのです。

さて、そんな会計がなぜ経理の方だけのものではないか。

例えば、営業マンであれば自分の会社はもちろん、取引先の成績や健康状態は気になりませんか。

営業マンは売れてなんぼです。

仕入ができてなんぼです。

でも自分の営業先の成績が悪く、「健康状態が悪い=お金がない」状態と分かったら自分の会社の商品をそんな会社に売るでしょうか。

もしくは仕入先が前金でお願いしますと言ってきて、前金で1,000万円渡したら、翌日にその会社が倒産したらどうでしょうか。

事前に健康状態が分かっていたら1,000万円なんか渡さずに別の仕入先を探すことができたかもしれません。

このように会計というのは経理の方だけが知っていればいいものではなく、ビジネスに関わる人なら絶対に抑えておくべきものなのです。

少なくとも会社の成績表や健康診断書の読み方くらいは知っておいた方が、ビジネスマンとして幅が広がることでしょう。

IT

ITと聞くと何やら怪しげですが、今やITは生活に欠かせないものになりました。

私が就職活動をしていた時は、ITと言えば「パソコンを使えること」くらいのニュアンスでした。

当時はまだスマートフォンなどはなかったです。

しかし、今はITを使えないと生活することが難しいほどにまでなってしまいました。

ITを使いこなせることは当たり前で、それ以上にそのソフトウェアの仕組みやどうやってビジネスとして成り立っているのか(キャッシュポイントはどこか)といった根本的な理解まで必要になってきています。

IT特有の問題としてセキュリティもあります。

自分の情報をいかに守っていくか、顧客の情報管理は適切か、など情報漏洩が会社を一発で倒産に追い込むほどのリスクを抱えるまでになってしまいました。

USCPAは現代の三種の神器を一気に学べる資格です

USCPAは現代の三種の神器について余すことなく学べる資格なんです。

しかもUSCPAは時代の流れに合わせてどんどん進化しています。

私が受験していた2000年前半と今のUSCPAの試験内容はかなり違うと思います。

それはUSCPAは時代の流れに合わせて、その時代に必要だと思われる知識、USCPAとして金融市場を守っていく上で抑えておかなければならない事項はどんどん試験に追加されているからです。

しかも、USCPAは一度試験に合格したら終わりではありません

USCPAのラインセンスホルダーは、毎年一定の継続教育(CPE)を受講して、AICPAに自分が取得した単位とその内容および結果を報告することが義務付けられています。

つまり、USCPAは合格して晴れてUSCPAになってからが本格的なスタートなのです。

ですから、USCPAの試験合格はあくまでUSCPAとして活躍していく上でスタート地点に立つために必要な知識が備わっているという入り口にすぎないのです。

毎年の継続教育に付いていけなければ、USCPAとしては生きていけず、USCPAのライセンスは返上しなければならないのです。

このようにUSCPAは取得することも大変なのですが、取得してからもUSCPAのライセンスを保有している限り、常に知識をアップデートし、USCPAとしてのスキルを高め続けていかなければならないのです。

しかも、その継続教育の内容も時代の変化に合わせてどんどん新しくなります。

USCPAのライセンスを維持し続けるということは、世の中の流れに沿ってビジネスの最新情報をゲットし、常に勉強しているという証なのです。

こんなUSCPAを保有し続けていられるビジネスマンであれば、様々な場で引っ張りだこになる可能性があるのは想像できますね。

USCPAをまだ知らない、どういうものか聞いてみたいという方はアビタスさんが無料セミナーをやってますから、下のリンクから申し込んで話を聞いてみて頂ければUSCPAについて概要が掴めると思います。
USCPAを目指すならアビタス。
無料資料請求する
USCPA/米国公認会計士 国際資格 アビタス

自分で想像するのは無理!転職エージェントのプロに相談すればビックリする転職先を紹介してもらえる可能性があります

USCPAの活躍の場がたくさんある可能性についてはご理解頂けたと思います。

しかし!

ここで問題があります。それは『USCPAの活躍の場が具体的にどこに落ちているのかが分からない』ということなのです。

そりゃそうです。

自分で気が付いていない、思いもよらない転職先を見つけよう、見たいと思っているのですから無理もありません。

そういった悩みに寄り添ってくれるのが転職のプロである”転職エージェント”の存在なのです。

私はUSCPA取得後に転職を考えました。

しかし、USCPAの転職先で目に入ってくる会社は、Big4と呼ばれる大手の監査法人ばかりでした。

色々な人にBig4を紹介されましたが、私はもう大きな会社に行くのは嫌だったので、もっとこじんまりとした、しかし自分のやりたいことを自由にやらせてもらえるようなある意味自由奔放な会社に行きたかったのです。

Big4は誰もが知っている大手の国際会計事務所です。

Big4は世界中に事務所があります。

まさに会計のプロ集団で日本の公認会計士の方であれば、一度は就職先として考えるような会社です。

当時は大手監査法人は仕事が山ほどあるのに人が全然いない状態だったので、USCPAも手足に加えようということで、USCPA合格者にガンガン営業していたようです。

私は大きくない会社で、多少待遇面は劣るとしても、自分の好きなこと、やりたいことをやらせてもらえるような、自分で伸び伸び仕事ができるような環境を求めていました。

要は自分のやり方で好きに仕事がしたかったのです。

上司にあれやこれや言われたり、横目を気にして付き合いで残業するような環境はもう嫌でした。

それに私は海外で働きたかった。

もう30代半ばに差し掛かるところだったので、当時は転職は36歳までなんて言われていた時代でした。

これがラストチャンスと思い、一度海外転職にチャレンジしてみたかったのです。

まあ海外転職して海外生活が肌に合わなかったらすぐ日本に戻ってくればいいやくらいの感覚でした。

自分で色々探し始めましたが、中々見つからないんですね。

そこで、転職サイトに登録して転職エージェントの方に直接お話させて頂きました。

自分はこういう経歴で、こんなことをやってきて、こんな経験をしたから、今度はこんな経験ができる会社、こんなことを許してくれる会社に行きたいと思っている。

そんなことを話している中で、転職とは~とか、仕事の成り立ち、マーケットのでき方など仕事そのものについての価値について、ビジネスについて色々教えて頂き、とても勉強になりました。

そんななかで、自分に合っているであろう求人を紹介してもらいました。

なんとほとんどの求人は非公開だそうです。

だからどうやってもネットで調べても出てこないわけです。

あんまり「うちの会社は募集してます!」って全面に出すと、きっと企業イメージが悪くなることもあるんでしょうね。

大手ならまだしも中小企業でいつも募集していると「ここはいつも募集しているなー。人気ないのかなー」とか「ここは離職率が高いのかなー」とか「ここは激務なのかなー」とか色々想像しちゃいますよね。

そういうこともあるかもしれないので、ほとんどの求人は非公開です。

だから転職エージェントに直接相談しないと案件は十分に分からないんですね。

そんな中でまさに私が求めていた求人がありました!

その後、転職エージェントの方がマンツーマンで色々指導してくれました。

そして、転職エージェントの方は基本的にその企業に出入りしていて、その企業の担当者と仲良くなっています。

入社したあとに会社の人に聞いたら、「あの人はうちの人事部の採用担当者って言ってもいいくらいだよ」って言われました。

つまりそれくらい企業の中に入り込んで情報収集をしているということです。

ですからその企業の雰囲気とか仕事ぶりなんかも詳しく知っています。

そのため、指導してもらう内容もその企業に合わせた対策をしてくれるのでとても助かりました。

そんな親身な対策のおかげもあって、無事その会社に転職することができました。

これは転職エージェントの方に出会わなかったら絶対につかめなかったご縁です。

しかも、私は1円も払っていません

後で今の会社の上司から「君は高かったなあ」なんて冗談で言われますが、私が知ったことではありません(笑)。

それよりもしっかり会社で活躍して採用してよかったと思われるように頑張る方が健全でしょう。

まとめ:USCPA合格者は自分で自分の将来の可能性をつぶさないで!プロに相談することで目線を広げて人生を楽しもう!

USCPA合格後の転職先は自分で想像しているよりも多くの可能性があるものです。

自分の可能性をつぶさないためにもぜひ転職のプロに相談してみてください。

きっと想像もしていなかった転職先が見つかるかもしれません。

それで人生が変わるかもしれませんから相談して損はありません。

なにより無料ですしね(笑)。

きっと自分では想像もしていなかった転職先が見えるかもしれませんよ。

登録は無料ですので安心して相談してみてください。
こちらのリンクから飛べます。

マンツーマンで相談したい!
マンツーマンで転職活動を支援するコンサルティングサービス【ゲキサポ】
USCPAの出口を探したい
公認会計士・税理士・経理の転職求人情報なら【ジャスネットキャリア】
コンサル業界に興味あり!
新規会員登録(無料)はこちら【アクシスコンサルティング】

ABOUT ME
ようちゃん
こんにちは! 本ブログの運営をしているようちゃんです。 学生時代は部活(水泳部)とバイトに明け暮れ、勉強はほったらかし。大学4年生の時に就活しながら1年生と授業を受ける講義もあり、リクルートスーツを身にまとったおっさんは新入生に白い目で見られながらもなんとか卒業にこぎつけた。 英語が好きだったこともあり、将来はなんとなく海外で働いてみたいなあとぼんやり思っていました。 そこで、大手総合商社を中心に、海外駐在できたり、世界を飛び回れる仕事をやらせてもらえそうな会社を選んではひたすら受けまくりました。 運よく海外に拠点を広げ続けている上場企業の商社に入社できました。 入社前の先輩社員との懇談会で台湾やイギリスなどに駐在経験があった社員から海外駐在時の話を聞くことができ、自分も同じようなキャリアを描けるのかもと社会人人生を楽しみにしていました。 しかし、配属先は経理部に。経理なんてなにをする部署なのかもわかっていませんでした。一体いつになったら海外に行けるのか。そんな不安とともに社会人生がスタートしました。 結局新卒から10年ほど上場企業の正社員として経理部で働きました。その間に紆余曲折がありながらもUSCPA(米国公認会計士)のライセンスを取得。 当時の後輩がインドに赴任したことをきっかけにバックオフィス周りの指導やサポートを行っていました。その後輩は営業経験しかないのに、インド法人を丸ごと任されてしまい、営業以外の仕事をどうしたらいいのか困っていました。私は営業はできませんが、経理を中心とした事務系の仕事はある程度アドバイスできました。当時としては大したサポートにはなっていなかったとは思いますが、それでもとても感謝されました。 そこで思いました。 海外に出ている日本人は同じように困っているに違いない。それなら今の会社だけでなく、たくさんの会社をサポートできるかもしれない。 このインドに放り込まれた後輩をサポートしたことがきっかけで、自分の人生設計を見直した結果、上場企業の正社員という安定した地位を捨て、2015年に突然フィリピンに移住し、海外コンサルタントとして働き始めました。給料が日本にいた時の3分の1近くになって嫁に怒られ、嫁ブロックにあいながらも何とか凌いでいます。 私の予想通り、海外に出た日本人の駐在員は困っていました。 そこで海外コンサルタントの出番です。 日本の常識は海外ではなかなか通じません。 とは言っても、日本のやり方でビジネスを進めていく必要がある場面もたくさんあります。 だからこそ海外コンサルタントは必要なのですが、少子化のせいなのか、若者の海外離れのせいなのか、海外コンサルタントは圧倒的に足りません。 あなたのサポートを待っている企業が必ずあるはずです。 本ブログを通じて、少しでも海外コンサルタントに興味を持ってもらい、海外コンサルタントの世界に参加してくれる仲間が増えてくれれば、駐在している国はもちろん、日本も元気を取り戻してくれることと確信しています。 ぜひ仲間になりましょう!
下記の記事もオススメです。